谷田貝

谷田貝

1

おうちでご飯を食べる機会が多い今、食卓がマンネリ化してきたのが悩み。

さらに、おうち居酒屋も楽しんでいるので、もっとおつまみのレパートリーを増やしたいと思っています。

いつも同じような味付けばかりで飽きてしまっていたところ、カルディでやみつきになってしまうアイテムに出会いました!

コレ1本で手軽にアップデート

カルディ しびれ麻辣だれ 398円(税込み)

カルディ 「しびれ麻辣だれ」 398円(税込)

カルディの「しびれ麻辣だれ」はその名前の通り、しびれるような花椒がクセになる中華風のたれ

原材料にはしょうゆ、砂糖、ねりごま、ラー油、ガーリックペーストなどが入っているため、調味料をたくさん入れなくても、これ1本入れるだけで本格中華な味を再現することができます。

今回はこれを使って、初心者向けの簡単なアレンジレシピをご紹介していきます!

かけてそのまま「よだれ鶏風おつまみ」

しびれ麻辣だれ

【材料】
・鶏むね肉 250g
・小ねぎ 好きなだけ

調味料
・酒 スプーン1杯
・塩 少々
・しびれ麻辣だれ 好きなだけ

作り方
①まず、耐熱容器の中に鶏むね肉を入れ、酒と塩をかけます。

しびれ麻辣だれ

②耐熱容器にラップをかけて、600Wのレンジで2分、ひっくり返してまた2分加熱します。

③できあがった蒸し鶏を食べやすい大きさにカットし、仕上げにしびれ麻辣だれと刻んだ小ねぎを乗せれば完成。

時間をかけずに、お酒によく合う、さっぱり&ヘルシーなおつまみができました。

このほかにも冷奴サラダ冷しゃぶなどにかけるのもオススメですよ!

「麻婆豆腐」にプラスαもオススメ

しびれ麻辣だれ

【材料】
・豆腐 1丁
・豚ひき肉 50g
・ねぎ 1/3本
・小ねぎ 好きなだけ
・生姜 好きなだけ

調味料
・酒 スプーン1杯
・ごま油 スプーン1杯
・しびれ麻辣だれ スプーン3杯
・豆板醤 スプーン1杯
・水 120cc
・水溶き片栗粉 一回し分

作り方

①まず、豆腐をさいの目に、ねぎと生姜をみじん切りにします。

②フライパンにごま油をいれ、切ったねぎと生姜を弱火で炒めます。

しびれ麻辣だれ

③香りが出てきたら豚ひき肉と豆板醤を投入。 混ぜながら中火で炒めます。

④ここで、「しびれ麻辣だれ」と酒、水を投入。

その後、豆腐を入れて、ひと煮立ちさせます。

しびれ麻辣だれ

⑤煮立ったら水溶き片栗粉を回し入れ、軽く混ぜて完成です。

お好みで小ねぎをトッピングしてもおいしいですよ。

夕飯のあと1品にもなるし、おつまみにしても堪らない麻婆豆腐

調味料がたくさん必要になる本格的な中華料理も、この「しびれ麻辣だれ」があれば、カンタンに作れちゃいます。

ピリピリ感がやみつきになりそうな本格的な味に仕上がりますよ!

がっつりランチに「汁なし担々麺」

しびれ麻辣だれ

【材料】
・中華麺 1食分
・豚ひき肉 200g
・ねぎ 3/2本
・生姜 好きなだけ
・小ねぎ 好きなだけ
・きゅうり  1/3本

調味料
・酒 スプーン2杯
・ごま油 スプーン1杯
・しびれ麻辣だれ スプーン2杯
・砂糖 スプーン1杯
・豆板醤 スプーン1杯

作り方

①みじん切りにした野菜をごま油で炒め、そこに豚ひき肉と豆板醤を入れ、炒めます。

②①に「しびれ麻辣だれ」と酒、砂糖を入れて、水分が程よく飛ぶまで煮立たせます。

これで具は完成。

しびれ麻辣だれ

③中華麺は茹でたらすぐに冷やします。 これ大事!

④水気を切った中華麺にごま油を馴染ませ、お皿に盛ったら完成です。

満足感があるうえに、やみつきになってしまう辛さがたまらない「汁なし担々麺」。

サッとできる上に満足感得られるので、重たいモノを食べたくない日のランチにおすすめです。

汁なし担々麺のほかにも、チャーハンにしてみたり、に入れてピリ辛風味にしてみたりと、年中通していろんな料理のアクセントにしてみるのも◎

常備しておきたい1本

しびれ麻辣だれ

「しびれ麻辣だれ」に出会ってからは、献立の幅が広がるうえに、これまで食べていたおつまみが一瞬でアップデートしてくれたので、我が家ではとても重宝しています。

辛いものが好きなわたしにとって、甘辛だけじゃ物足りないと感じる料理もこれひとつで満足度もUP。

ピリピリ痺れる感覚だけじゃなく、元の料理の甘味やうまみもしっかり味わえるくらいの辛さなのもお気に入りです。

おつまみをはじめ、本格的な中華料理からちょっとした味変までできるので、食卓のマンネリ化を打破してくれそうな家に置いておきたい1本でした!

カルディ公式サイト

あわせて読みたい:


谷田貝

ROOMIE編集部。音楽はヒップホップが好きです。食べ物はカレーが好きです。ずっと夏がいいです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking