浅田 よわ美

浅田 よわ美

1

今年の夏は暑かった。

だからこそ、紫外線から肌を守るべく毎日日焼け止めやUVコスメをしっかり塗って肌を守ってきたつもりですが、ふと鏡を見て思いました。

なんか全体的にくすんでない? 心なしか、鼻も黒ずんでいる気がする……。

「ガスール」に初挑戦

Naiad ガスール

Naiad「ガスール固形 150g」770円(税込)

そこで私が購入したのが、汚れや古い角質による肌のくすみにいいと聞くNaiadの「ガスール」。

ガスールとは、原石を地下水で溶かし、フィルターをかけてなめらかにしたあと、太陽と風で乾かした自然素材そのものの粘土のこと。

Naiad ガスール

よく洗顔料などに“ガスール配合”と記載されているのを見るたびに「ガスールっていいんだな」と思っていましたが、固形を使うのは初めて!

とりあえず、2週間毎日洗顔に使用してみることにしました

いざ、洗顔していく

Naiad ガスール

うつわにガスールの欠片を4個ほど取り出し、大さじ2~3杯ほどの水を加えます。

Naiad ガスール

準備はこれだけ。3分ほど放置すると、ガスールが水を含んで膨らみはじめました。

Naiad ガスール

触れてやわらかさを確認したら、手に取って洗顔を。塗る前に顔を少し濡らしておくのがポイントです。

土のような独特の香りもしないし、肌荒れしてしまった部分にそっと塗っても刺激を感じず、夏のダメージ肌にも使いやすくて◎。

Naiad ガスール

水を増やせば増やすほど、なめらかになります

乾いてしまう前に洗い流したら完了です。洗い上がりは、意外にもしっとりツルツル!

粘土の吸着力が肌の汚れをやさしく取り除くのが特徴ですが、ミネラル配合で保湿効果もあるそう。

濃密パックでスペシャルケアに

Naiad ガスール

せっかくだからいろいろな使用法を試してみることに。

ガスールの欠片8個に、水を大さじ1杯ほど加えただけの濃厚なパックにも挑戦しました。

目の周りなど皮膚の薄い部分を避けて塗り終わったら、5分放置。乾く前に洗い落とします。

Naiad ガスール

さらに完全な自己流ケアなのですが、私はこのパックをちょっぴりアレンジして、ガスールとニベアを混ぜたパックにもしてみました。

Naiad ガスール

ニベア×水を含ませたガスール固形

なめらかなニベアと混ぜ合わせるとよく伸びて、顔全体に塗りやすくなりました。たっぷり塗って、5分ほど放置したら洗い流します。

このガスール×ニベアパックを週に1度と、毎晩のガスール洗顔、さらにガスールを鼻にだけたっぷりのせた「鼻パック」を数回行うという、2週間ガスール漬けな生活をしたのでした。

2週間使ってみて思うこと

Naiad ガスール

効果に個人差はあると思いますが、私はあきらかに肌の調子がよくなったのを感じています。

目の下から頬にかけてのくすみが改善され、なんとなく全体がトーンアップ。まるで肌が一皮剥けのでは?というくらい調子がいいです。

Naiad ガスール

鼻の黒ずみへの効果は2週間じゃわかりませんでしたが、とにかく顔色が明るくなったのがうれしくて、もっと早く使えばよかったの一言。

肌のことを考えていろいろと塗ってはきたけれど、きちんと落とすことも大事なんだな~と実感した2週間でした。

泥を溶かすのが面倒なときは…

Naiad ガスール

ガスールを毎日を溶かして洗顔するのが、ちょっぴり面倒だったのも本音。

わたしの場合には、入浴中の週1パックを継続するのが現実的な付き合い方かも。

Naiad ガスール

入浴剤にするなら、粉末タイプもおすすめ

それからもうひとつ使いやすいなと思ったのが、入浴剤として使うこと。

湯船に固形を13~17個ほど放り込むだけなので手間がなく楽ちん!

含まれるミネラルが全身の保湿にもいいらしく、全身も手軽にケアできちゃうのはうれしいですね。

固形だから持ち運びも便利

Naiad ガスール

固形なので、必要量だけをコンパクトに持ち運べるのも◎。

私は銭湯で洗顔したり、薄めのメイクを落としたりするのにも使っています。

Naiad ガスール

ほかにも髪や頭皮ケアにも使えるらしく、まだまだいろいろ試してみたいな〜。

新たなスキンケアに挑戦してみたい方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ガスール固形[Naiad]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking