ハイランダー ローリングテーブル

カマタユキコ

カマタユキコ

4

涼しい風に吹かれて、外に出るのが気持ちいい季節。

ベランピングもしたいけど、暑い日は家の中でもくつろぎたい。

欲張りだけど、そんなどっちでも使えるテーブルが欲しい!

室内もOK! ハイランダーのウッドロールテーブル

ハイランダー ウッドロールトップテーブル2
税込11,180円

アウトドアの機能はそのまま、リビングでも違和感なく使えるシンプルなテーブル。

そんな理想的なテーブルが、ハイランダーウッドロールトップテーブルです。

まずは脚を組み立てて、その上にロール状に収納されている天板をセットすれば完成という手軽さ。

本体の重量は約7キロあるので、やや重く感じますが女性一人でも組み立てられる重さです。

4つの脚にはキャップが付いているので、屋内で使っても床が傷つく心配はナシ

室内で使えるようにという細かな仕様が、おうち時間を充実させてくれます。

どこに置いてもサマになるデザイン

使っていて気づいたのが、どこに置いても「なんだかいい感じ」を実現してくれるところ。

今はリビングのテーブルとしてが主な使い方で、ベランピングをする時にはこのままベランダに移動します。

素材はブナで、天板を触るとかなりしっかりとしたつくりなのがわかります。もちろんぐらつきもありません

ナチュラルな雰囲気がやわらかい印象で、和室との相性も◎。

以前ご紹介したハイランダーのリラックスチェアと組み合わせてもかわいいですよ。

コンパクトに折りたたんで収納もできる

サイズは90×43×60cmですが、折りたたむと91×12×20cmになり収納袋に入れて持ち運びも可能。

模様替えをしたいな、って時にも、今シーズンはしまっておこうってコンパクトに収納しておけるのもうれしいです。

脚の部分にはさりげなくハイランダーのロゴが入っており、主張しすぎないのも良し。 どこまでもシンプルでナチュラルなテーブルです。

今年の秋はベランピングを楽しみたい

今日はちょっと外に出てみようよ、と家族に声をかけて、ベランダにテーブルを出してゆっくり過ごすことが増えた我が家。

なんの変哲もないお茶の時間が、テーブルを囲んでリラックスできる時間になります。

どこに置いてもサマになり、インテリアにマッチしてくれるウッドロールテーブル。

買ってよかった!と思える、アウトドアの隠れた逸品なのでした。

ハイランダー ウッドロールテーブル2[ナチュラム]

あわせて読みたい:

カマタユキコ

一日の大半を家の中で過ごすおうち大好き人間。毎日の暮らしがもっと楽しくなるように考えながら、現在3歳と1歳の育児に奮闘中。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking