カマタユキコ

カマタユキコ

1

新しい習慣のひとつとなったエコバッグやセカンドバッグ。

でも使い終わった後に、畳んで収納するのが面倒だなぁって思ってしまいます。

たった24gのエコバッグ

こんなに小さいバッグに、果たしてどのくらいの物が入るんだろうか……と不安になるほど小さな「エコラシバッグ」。

付属の収納袋に入れると手のひらサイズほどの大きさで、畳んだサイズは70×70×30mm。

重さはわずか24gで、なんとこれはイチゴ約1個分の重量

クシャッと丸めて収納!

収納するときにはクシャッとまとめて収納するだけ。

本当に全部入るのかな、と心配なほど袋が小さいですが、畳み方がない分楽チンです。

広げてみると370×400mmの大きさで、かなりシンプルなデザイン。

広げた直後はシワが目立ちますが、荷物を入れると目立たなくなりますよ。

容量は15L、耐荷重は25kgまでOK!

実際にスーパーに持って行って荷物を入れてみると、おどろくほどたくさん物が入ります。

結構重いもの入れたよね、と思ってもまだまだ余裕アリ。

野菜のほか2Lの水を2本入れても、ひ弱な感じは全くありません

容量は15Lまで、耐荷重は25kgまでというので驚き。

たった24gのエコバッグですが、大容量でスーパーでの買いだめや外出時の急な荷物の増加にも頼もしいアイテムです。

重いものを入れても肩に負担が少ない設計になっているのも嬉しいポイントですね。

速乾性も抜群

素材には、テントにも使われている30D特殊ナイロンを使用。

軽量で頑丈なことに加え、30D特殊ナイロンのもうひとつの大きな特徴が速乾性です。「エコラシバッグ」に水をかけてみると、おもしろいほど水を弾いてこぼれていきます。

これなら雨天時だけでなく、水滴のついているものを入れたときでも安心して使うことができそうです。

また、今ならラシカルのオリジナルカラビナがついてくるのもうれしいところ。

キーリングやバッグのアクセントとして、自由に活用できそうです。

軽いけど頑丈なバッグって最高じゃない?

便利だけど重かったりコンパクトではなかったり、外出時にじゃまになるものは結局使わなくなってしまうものばかり。

だけど「エコラシバッグ」は、持っていることも忘れるほどの軽さとコンパクトさ

なのに頑丈なつくりだから、外出時も心強いセカンドバッグとしてひとつ持っておくと安心感が違います。

エコバッグとして、旅行や出張先、外出時のセカンドバッグとしても使える「エコラシバッグ」。

私が持っているエコバッグの中でもダントツで小さくて、頼もしいアイテムなのでした。

24gの超軽量コンパクトなエコバッグ「エコラシバッグ」耐荷重はなんと25kg! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)[machi-ya]

あわせて読みたい:


カマタユキコ

一日の大半を家の中で過ごすおうち大好き人間。毎日の暮らしがもっと楽しくなるように考えながら、現在3歳と1歳の育児に奮闘中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking