門岡 明弥

門岡 明弥

59

暑い季節のアウトドアには欠かせない、クーラーバッグ。

組み合わせる保冷剤や外気温等にもよりますが、氷を固形のまま長時間キープさせておくのは中々難しいですよね。

しかしこんなクーラーバッグがあれば、誰でも飲み物がキンキンな状態でアウトドアを楽しめるかもしれませんよ。

氷を3日間キープできるクーラーバッグ

こちらは「TITAN DEEP FREEZE」というクーラーバッグ。

周囲の温度や内容物にもよりますが、実は氷を3日間キープできるという驚異的な性能を持ったアイテムなんです。

ガチガチなクーラーボックス……というわけではありませんが、なぜここまでの保冷力を実現することができたのでしょうか。

あふれる機能性

その秘密は、独自素材である「DEEP FREEZE」にありました。

この素材は熱反射素材・高密度な超発泡素材などを使った5重の層で構成されており、それによって圧倒的な保冷力の実現に至ったそう。

さらに硬いものと柔らかいものを分けて収納できる作りとなっているため、食材が中で潰れてしまう心配もありません。

そのうえ人工工学に基づいた設計により、筋肉の負荷を軽減して持ち運びやすい設計になっていることも◎です。

大きすぎず小さすぎないサイズ感

サイズは約20Lとなっていて、2Lペットボトルを6本入れても若干の余裕があります。

大きすぎると持ち運びづらく、小さすぎると物足りないので、3〜4人で楽しむタイミングにちょうどいいサイズ感ですね。

アウトドアシーンのみならず、災害時にも活躍してくれる「TITAN DEEP FREEZE」。

現在、クラウドファンディングサイト・machi-yaにて支援を募集しており、今なら1つ10,450円(税・送料込)から支援することができますよ。

クラウドファンディングのため手元に届くのは少し後になってしまいますが、1つ持っていれば必ず毎年活躍してくれそうです。

TITAN DEEP FREEZE[machi-ya]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking