まつい ただゆき

まつい ただゆき

2

仕事もプライベートも、ほとんどスマホで写真を撮っています。

画質もいいし、加工もアプリで簡単にできるので大きな不満はありませんが、唯一の悩みといえば集合写真を撮りにくいこと。

特に家族旅行の写真などは、ほとんどが“自分不在”……。これはちょっと寂しいなぁということで、人気の小型三脚ゴリラポットの「グリップタイトワン GPスタンド」を入手しました。

スマホホルダーが付いたゴリラポッド

ゴリラポッド

グリップタイトワン GPスタンド」は、ゴリラポッドでお馴染みのフレキシブル三脚にスマホを接続するためのホルダーが付いた商品です。

スマホの取り付け最大幅は9.1cm、最小幅は5.6cmですので、ほとんどのスマホで装着が可能です。

ゴリラポッド

ホルダーを付けた状態で折り畳むことができるので、収納時もコンパクト。

サコッシュなどの小さなバッグはもちろん、ポケットにも収納できるほどの小ささです。

重量もたったの71gなので、持ち歩きにもストレスは感じません。

スマホを装着した状態がこちらです。ホルダーとの接続部分はボールヘッドになっているので、スマホの傾きは360度自由に変えられます。

三脚と合わせることで構図の微調整が可能になっているので便利ですね。

ゴリラポッド

マウント部分には1/4ネジを採用しているので、コンパクトカメラなども装着可能です。

試しに自前のミラーレス一眼を装着してみましたが、望遠レンズを付けた場合だと安定性に不安があるので、一眼レフでの使用を検討される場合は「3Kキット」など、一眼レフ用に設計されたモデルを選ぶようにしましょう。

斜めでも、狭くても、柔らかくても

ゴリラポッド

ゴリラポッドを購入した目的を叶えるべく、家族の集合写真を撮るために、早速、近所へ繰り出していろんな場所でその実力を試してみました。

まずは平面がほとんどない車のボンネット。

想像通り、ピタッと安定してくれます。脚の先端がゴムになっているので、滑ったり、ボディに傷を付けてしまうこともありません。

ゴリラポッド

細くて狭い場所でもご覧の通り。三脚を細く絞れば、直径10cmほどのスペースでも余裕で設置できました。

ゴリラポッド

また、植え込みのような三脚が安定しない柔らかい場所でも問題ありません。

脚を思いっきり開いて植え込みに乗せるようにすれば、本体が沈み込むことなく撮影が可能です。

ゴリラポッドの真骨頂、巻き付け固定

ゴリラポッド

ここまでは三脚としての設置性でしたが、ゴリラポッドの最大の特徴といえるのが、自由自在に曲がる脚の形状です。

これを活用することで、普通の三脚では固定できなかった場所にも設置ができるようになります。

ゴリラポッド

例えば、木の枝。必ずしも垂直水平ではない場合が多いですが、ボールマウントと組み合わせることで、簡単に水平に合わせることができます。これは便利です!

自転車のハンドルや手すりなど、街にあるあらゆるものに固定できるので、シャッターチャンスを逃すことも少なくなりそうです。

高い位置に取り付けて、俯瞰の写真を撮るなんてこともできちゃいますね。

ゴリラポッド

脚のボール部分にはすべてゴム素材が使われているので、滑って落下する心配もありませんでした。

ゴリラポッド想像していた以上に汎用性が高そうです。

3000円で思い出が膨らむ

ゴリラポッド

グリップタイトワン GPスタンド」ですが、現在セールを開催中で、価格も約3000円前後とお買い得。

旅行やお出かけの時に持っていけば、思い出のシーンを、思い通りの構図で収めることができちゃいますよ。

グリップタイトワン GPスタンドJOBY

あわせて読みたい:


まつい ただゆき

まつい ただゆき

フリーランスエディター/ライター。雑誌で10年、web媒体で10年のキャリアを経て2017年に独立。現在はアウトドア関連の企画・取材・執筆から、webメディアのプロデュース&コンサルティングまで、“編集スキル”を軸に活動中。趣味はキャンプと部屋改造。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking