sato

sato

3

9月になったからといって、油断していられないのが暑さ対策。

特に気にしたいのが、直射日光を浴びがちな首の裏ではないでしょうか。

そこで今年の夏は、時々こんなものも活用していました。

手持ちのキャップが日除け仕様に

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」 1,334円(税抜)

毎日のように自転車に乗るため、日焼け対策として帽子は必須。

日除けとしては顔まわり全体を覆ってくれるツバ広めのハットが最強なのですが、走行中の風を受けてツバがあおられるため実は不向き。

そのためツバが硬いキャップをかぶることが多いのですが、首元が無防備に……。

そこで見つけたのが、モンベルの「ステンレスメッシュ スクリーン」です。

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」

もともとこういったスクリーンが付いた帽子もありますが、これなら手持ちのキャップに手軽に付けることができ、日差しを遮りつつ熱の透過を抑えてくれます。

ちょっと農作業感はありますが、メタリックなシルバーが少しばかりそれをカモフラージュしてくれるような……。

メッシュなのに防いでくれるの?

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」

生地をアップで見るとメッシュ状になっています。穴から太陽光が入ってくるのではと思いますよね?

でもどうやら、ポリエステル・メッシュ生地に施された特殊な加工によって、太陽光や熱を跳ね返してくれるみたいなんです。

商品ページの情報によると、その特殊な加工前と加工後を比べた遮熱性試験では、加工後の生地は5℃も温度が下がったそう。

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」

メッシュなので通気性も抜群です。

ちなみにメッシュ構造のためUVカットではないとのこと。

ただ、物理的に太陽光が入るのを防ぐので、ある程度は紫外線(日焼け)対策にもなるのでは?とも思います。

取り付けはほぼワンタッチ

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」
付けるのもかんたん。

キャップ後頭部のベルトの留め具を外したら、「ステンレスメッシュ スクリーン」に付いたテープに通します。

そして頭のサイズに合わせて、ドローコードを調節するだけ。

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」

自転車走行中の首裏を狙う強烈な太陽光も、これである程度はシャットダウン。

風が通るので、熱くなりがちな首裏が快適です。

残念なところ:見た目がちょっと気になる

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」

農作業感はないものの、あまりおしゃれとは言えないかも……。

特に正面から見たときの紐が気になります。

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」

とはいえ、まずは自転車用。あとは登山やキャンプなど、主にアウトドア用としてなら全然ありかと。

とってもコンパクト

mont-bell 「ステンレスメッシュ スクリーン」

薄くて軽く、丸めるとかなり小さくなります。

ちょっと今日日差しが気になるかも……というときのために、バッグに忍ばせるという使い方がいいかもしれません。

ステンレスメッシュ スクリーン[mont-bell]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking