SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

10

アウトドアでも個々での食事が推奨されている昨今、注目を集めているのがソロクッカー

さまざまなブランドから発売されていますが、これから揃えたいと思っている方にぜひ使ってほしいのがこちら。

900mlがソロにちょうどいい

ユニフレームのラーメンクッカー900

ユニフレーム「ラーメンクッカー900」2,239円(税込)

ユニフレームの「ラーメンクッカー900」は、アルミ製の丸形クッカー。

ユニフレームのラーメンクッカー900

アウトドアの定番料理といえばラーメン。

このクッカーは名前のとおり、ラーメン1人前を作るのにぴったりの大きさ!

ユニフレームのラーメンクッカー900

いろいろ試してみた結果、具材を入れてグツグツ煮込んでも溢れづらく、鍋ごと持って食べやすい絶妙なサイズが900mlなんです。

アルミだから自動炊飯もOK

ユニフレームのラーメンクッカー900

30分~1時間水に浸しておくのがコツ

手間をかけずにお米が炊ける自動炊飯といえばメスティンが有名。

でも実は、ラーメンクッカー900でも可能なんです。

エスビットのポケットストーブ

エスビット「ポケットストーブ」1,700円(税別)

前回同様、メスティンの自動炊飯で定番のエスビットという固形燃料用のポケットストーブに、100均などで売っている固形燃料(25g)を使用。

ユニフレームのラーメンクッカー900

おかず用の缶詰をのせて、同時に温めるのもおすすめ
※缶詰は開封しておきましょう

米1合を水200ccに浸して、固形燃料が燃えつきるまで約30分間放置。

ユニフレームのラーメンクッカー900

固形燃料が燃え尽きたら、15分ほど蒸らせば完成です!

メスティン同様に、今回もほとんど手を加えずご飯を炊くことができました

ユニフレームのラーメンクッカー900

1合は、お茶碗に軽く2杯ほどの量。

ラーメンだけでなく、炊飯もソロキャンプで使うのにちょうどいい容量なんです。

ジェットボイルと相性バツグン

JETBOIL フラッシュ

「JETBOIL フラッシュ」14,800円(税別)

また、ラーメンクッカー900とセットで使うと便利なのがこの「JETBOIL フラッシュ」。

500mlの水をわずか100秒で沸騰させることができるアイテムなのですが……、

JETBOIL フラッシュ

低燃費なので100g缶ひとつで、約10~12Lの水を沸騰可能

バーナー、ガス缶(100g)、ゴトクなど湯沸かしに必要な一式が、クッカー内にきれいに収まるのもポイント。

JETBOIL フラッシュ

専用のハンギングキットを使えば、平らな場所がなくても木などにぶら下げて使用できる優れものです。

JETBOIL フラッシュ

僕は主に、湯沸かし専用で愛用中。

ドリップコーヒーやフリーズドライ食品の湯戻しで重宝しています。

JETBOIL フラッシュ

ジェットボイルのクッカーで調理をすることもできるのですが、やや物足りなく、匂いがついてしまうとコーヒーなどにも影響が……。

ユニフレームのラーメンクッカー900とJETBOIL フラッシュ

そこで、ラーメンクッカー900の出番。

ユニフレームのラーメンクッカー900とJETBOIL フラッシュ

ジェットボイルに付属しているゴトクにぴったり

これで湯沸かしと調理を別々のクッカーで分けて行えるので、食後のコーヒーも料理の匂いが移らずおいしく淹れることができちゃいます。

スタッキング可能で持ち運びも◎

ユニフレームのラーメンクッカー900とJETBOIL フラッシュ

炊飯以外ではフタは必要なし

一見、荷物が増えてしまうのでは?と思いますが、心配ご無用。

フタを省けば105gしかなく、さらにジェットボイルとぴったり重ねることができるので、持ち運ぶ大きさもほとんど変わりません。

ユニフレームのGYメッシュケース M

ユニフレーム「GYメッシュケース M」460円(税込)

100円均一などで売っている収納袋などに入れてしまえば、スマートに持ち運ぶことができますよ。

ユニフレームのラーメンクッカー900

ちなみにジェットボイル以外でも、一般的な大きさのシングルバーナーならラーメンクッカー900の中にガス缶や袋ラーメンと一緒に収納OK。

ユニフレームのラーメンクッカー900とJETBOIL フラッシュ

軽くてコンパクトなクッカー低燃費で素早くお湯が沸かせるバーナーは、ひとつあると重宝するアイテム。

これから登山やソロキャンプなどを始めようと思っている方は、ぜひ試してみてください!

ラーメンクッカー 900[ユニフレーム]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking