かとパン

かとパン

2

普段履くシューズはあまり買い替えをしないタイプなのですが、SNS広告を見た瞬間に一目惚れをして、すぐさま購入をしてしまったシューズがあります。

最初は見た目で選びましたが、履いている内に機能性の高さにも脅かされてしまいました。

今回はこの夏、私の心を奪っていったシューズをご紹介します。

Teva最新シューズ

Teva(テバ) ゲートウェイ ロー 14,080円(税込)

サンダルでお馴染みのTevaから今年の夏にリリースされた最新シューズです。

このクラシカルな見た目が特徴的ですよね

ミドルカットタイプもありますが、このカラーリングはローカットタイプのみとなっています。

見た目もさる事ながら、ハイクシューズとしての機能性も高いのも魅力のひとつ。

重さも片足が約210g(24.0cmの場合)と軽量で、足の負担も軽減してくれますよ。

惚れ惚れする機能性

私がシューズを選ぶ時に欠かせないのが撥水機能

雨の日に長靴に履き替えるのが面倒なので、ここは譲れません!

ゲートウェイのアッパー部分には、撥水加工、耐水生地が使われているので、水溜まりの中を歩いてもバッチリ弾いてくれましたよ。

ソールの滑り止めもよく効くので、雨で濡れたアスファルト道路や、木造の橋の上でも安心して歩くことができました。

これは雨の日のお出かけも楽しくなりそうです。

フィット感も最高

シューズの履き始めの頃は、くるぶしの辺りが擦れることが多く、移動中に痛みを伴ってしまう苦い経験も過去にはありましたが、ゲートウェイはくるぶしの部分が吸い付くようにフィットしてくれます。

履き足によって差はありますが、私は履き始めでもずっと愛用してきたシューズのように足に馴染みました。

分厚めのポリウレタンソールが地面からの衝撃をしっかりと吸収し、足や膝まわりの疲れを軽減してくれます。

優しく足を包みながら反発力もあるので、弾むように軽やかに歩けますよ。

履き続けちゃう一足

ゲートウェイには抗菌加工も施されているので、長時間歩いた後の足の臭いも気になりません。

土汚れも布でサッと拭けば落ちるので、お手入れもとっても簡単です

少し残念なところは、サイズ展開が1.0cmずつしかないこと

普段は23.5cmを選ぶのですが、ゲートウェイに関しては24.0cmを選択しました。

実際に履いてみると、つま先側がちょっぴり大きいかなという感じ。

シューレースを締めればフィット感もでるし、歩いていて問題はないのですができれば0.5cmずつのサイズを展開して欲しかったです。

いつでも、どこでも一緒にね

買い物、旅行、からアウトドアまで、さまざまなシーンで活躍してくれるゲートウェイ

この1足でどこでも行けちゃうのでオススメですよ

9月の連休はこのゲートウェイを履いて、キャンプとハイキングを思いっきり楽しむ予定です。

Teva(テバ)ALL-NEW GATEWAY

あわせて読みたい:


かとパン

フリーランスとして活動しながら「猟師」という一面も持つ、サバイバル系女子。普通の登山も好き。最近、海釣りもはじめました。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking