上松 まるこ

上松 まるこ

25

みなさん、手ぬぐいって使っていますか?  

先日、無印良品から出た「注染手ぬぐい」が人気のため、オンラインだと売り切れてしまったというのです。

「え、手ぬぐいってそんなに人気のアイテムなの……?」と気になり、即購入! 魅力を探りました。

カラーや柄が豊富な「注染手ぬぐい」

無印良品 注染手ぬぐい

無印良品 注染手ぬぐい・丸/ネイビー 35×90cm 1,500円(税込)

そもそも「注染手ぬぐい」の注染って何? と思い公式サイトを見ると、明治時代に考案された日本の伝統的な型染技法のことだそう。

裏表に綺麗に染まるのが特徴なのだとか。

無印良品 注染手ぬぐい

シンプルな柄の組み合わせでありながらインパクトのあるモダンな雰囲気が気に入り、わたしは2枚購入しました。

渋めの色から爽やかなイエローカラーまで、色合いも豊富に揃っています。

綿100%素材ならではの機能性

無印良品 注染手ぬぐい

綿100%素材だからか、を拭くとしっかりと吸ってくれる~。

使うほどに柔らかさを増し、手に馴染んできているような気もします。

やわらかな使い心地だからこそ、首など、全身でも皮膚の薄い部位もガシガシと気兼ねなく拭きやすいですよ。

無印良品 注染手ぬぐい

洗ったあとに、すぐに乾くのも大きな魅力。

天気の良い日であれば、1時間もしないうちにカラッと乾いてしまいます。

すぐに乾くので気軽に洗いやすく衛生面も◎。

①キッチンまわりで

無印良品 注染手ぬぐい

購入したことで、さまざまな使い方ができると知った「注染手ぬぐい」。その汎用性も紹介します。

まず我が家で頻繁に活躍している場が、キッチンまわり

台拭きとして活用するのもいいですし、

無印良品 注染手ぬぐい

洗い終わった食器を拭くクロスとしてもおすすめ。

布地の面積が大きく薄手なので、深さのあるグラスの底の水分なども拭き取りやすいんです。

②日焼け+熱中症対策グッズとして

無印良品 注染手ぬぐい

外出先で首に結めば、日焼け対策や熱中症対策グッズとしても使えます。

無印良品 注染手ぬぐい

ドライアイスを巻く場合も、生地が厚すぎると冷たさを感じないことがありますが、手ぬぐいであれば生地が薄いので、低温火傷には気をつけながらも、きちんと涼をとることができますよ。

日常はもちろん、アウトドアではマストアイテムになるかも。

③お弁当包みとして

無印良品 注染手ぬぐい

お弁当包みとして、いくつかのデザインを使い分けることでランチタイムの気分も上がりますよ。

万が一、漏れた汁などで汚れてもササッと洗って干せば、帰り道には乾いているであろう速乾性も魅力。

④ファッションアイテムにも

無印良品 注染手ぬぐい

スカーフのようにバッグに結べば、いつも使っているバッグの印象を変えることもできます。

スカーフを巻きたいけれどテロテロの素材感がカジュアルな服装と合わない……という方も、「注染手ぬぐい」なら素材感、デザイン共に取り入れやすいかも。

無印良品 注染手ぬぐい

ヘアバンドとして髪のアレンジに使用するのもグッド。

⑤銭湯でも大活躍

無印良品 注染手ぬぐい

私のイチオシの活用法は、銭湯に持っていくこと。

体を洗う時に「注染手ぬぐい」を使えば、石鹸がよく泡立ち、肌触りも優しく洗えます。

タオルのようにかさばらないのも魅力です。

⑥ハンドメイド作品づくりも

無印良品 注染手ぬぐい

縫わずに作れるマスクなどにもアレンジ可能。

無印良品 注染手ぬぐい

折りたたんで耳紐だけ通したら、簡単にマスクになりました。作り方は検索すれば簡単なものがいくつか出てきますよ。

その他、エコバッグなど、手ぬぐいを活用したハンドメイド作品を作る人もいるそうです。

確かにかわいいのに使いやすい柄だから、毎日使うものに作り替えちゃうのもアリかも。

手ぬぐいって、こんなに便利なんだ

無印良品 注染手ぬぐい

無印良品のオンラインストアで売り切れた人気の手ぬぐい「注染手ぬぐい」。使ってみたら、手離したくない暮らしに寄り添う逸品でした。

さまざまなシーンで使う場合は、1枚をサイズ違いにカットして用途別にも活用しても、用途別に異なるデザインで複数枚購入しても◎。

お気に入りの柄の「注染手ぬぐい」をゲットして、暮らしをちょっぴりミニマルに、便利にアップデートしてみませんか。

注染手ぬぐい・格子/ブルー 35×90cm

注染手ぬぐい・丸/ネイビー 35×90cm

あわせて読みたい:

上松 まるこ

奈良で暮らしてます。日々を豊かにする便利グッズやこだわりアイテム、おでかけがもっと楽しくなるような小物に弱いです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking