20200828_1

効果的なトレーニングというと、ジムに通う、ストレッチ用の道具を買うなど、コストをかける方向に意識が向きがちです。そんなときは、まずは自宅の「壁」を使ったトレーニングから始めてみませんか? 時間も場所も道具もいらない、手軽なのに効果的……メリットがいっぱいの「壁トレーニング」についてご紹介します。

道具もマシンも不要。ムダな負荷もかからない

「壁トレーニング」とは、壁をサポートとして利用するトレーニングのこと。道具やマシンがないとバランスをとりにくいトレーニングも、壁を使えば自宅で挑戦できます。

壁を使うことで体にムダな負荷がかかることもなく、自分の体重をより効果的にコントロールできるという点も魅力です。

バストと二の腕に効く「壁腕立て伏せ」

20200828_2
「Diet Plus」より引用

1.壁から少し離れた位置に立ちます。
2.壁に手をつき、腕立て伏せの姿勢になりましょう。
3.その後肩から足までの直線を意識するように、ゆっくりと腕立て伏せをします。
4.この動作を10~15回×3セットを目標におこないましょう。

「壁腕立て伏せ」はバストアップ二の腕の引き締めに効果的。通常の腕立て伏せよりも体にかかる負担が少ないので、腕立て伏せが苦手な人にもおすすめです。

上向きヒップに!「ウォールシット・ヒールアップ」

20200828_3
「Diet Plus」より引用

1.壁にべったりと背中をつけた状態で、両手を頭につけて立ちます。
2.壁から背中がついた状態のまま膝が直角になるまでしゃがみます。
3.その状態を30秒程度キープ

太ももやふくらはぎの筋肉を鍛え、ヒップアップも期待できる「ウォールシット・ヒールアップ」。下半身を引き締めたいときにぴったりです。

場所やシーンを選ばずにできる「壁トレーニング」は、一度おぼえると一生役立つトレーニング方法。家事や仕事に追われて時間がないときでも、このトレーニングなら続けられそうです。

今すぐ始められるトレーニングはこちら

Diet Plus

image via Shutterstock

Ranking