Bon-Masu

Bon-Masu

40

私の住んでいる場所のすぐ近くに、生姜の名産地があります。

このため、全国に先駆けて葉生姜が出回ります、茎の付いた若い生姜に味噌をつけてカプッ、いいですよねー。

若々しくて鮮烈な初夏の楽しみです。

この時期の生姜は香りも最高!

今頃になると、生姜感が増して来て、生で食べるにはちょっと強すぎますね。

でも、まだ瑞々しい感じも残っています。

そんな絶妙な時期の生姜で、今年はジンジャーエールを作っています。

生姜シロップを作る

ジンジャーエールを作ろうと思って、ネットでレシピを探しました。

いろいろなレシピを試して、徐々に自分なりのアレンジした、今の私のレシピはこのような感じです。

◼️ 材料
・生姜:300g
・水:500cc
・三温糖:500g
・シナモンステック:1〜2本
・スパイスやハーブ:お好みで適量

手に入れた生姜に対して、生姜:3、水:5、三温糖:5の割合になるように分量を調整してください。

結構簡単にできちゃうよ

では作り方を写真と一緒に見てみましょう。

まずは生姜を良く洗います。

そのあとで生姜をスライスします。

そしたら用意した材料をすべて鍋に入れます。

火にかけて沸騰したらアクを取って、15分から20分煮詰めます。

熱いうちにザルで越し、シロップを分けます。

少し冷まして、保存瓶に入れたら完成! 30分くらいでできちゃいますよ。

アレンジのポイント

このベースの作り方に加えて、好みの味を追求してみましょう

もっと甘味を加えてみたい方は、グラニュー糖を使うとスッキリした甘さになります。

はちみつを加えるのも良いですよ。

上記の例では、シナモンステックとレモングラスを使いましたが、不思議なことにシナモンの香りが強く出ることはないです。

渾然となってジンジャエールの味になります、きっとお互いがウラを打つような感じで、相性が良いのでしょう。

八角、ミント類、唐辛子を入れて刺激を強くすることもできます、スパイシーな香りに包まれて作っている時も楽しいですよ〜。

さまざまなアレンジが楽しめるのもこのジンジャーシロップづくりの魅力です

シロップ作りの道具も楽しい

    家事問屋 横口ボール ザルセット 3,500円(税抜)

何回か作っていると、生姜シロップ作りに適した調理道具も集まってきました。

一番のお気に入りは燕三条で作られている横にそそぎ口のあるボールとザルのセットです。

さすが金属の街、ザルもしっかりした作りです。

片口の器のようにそそぎ口があるところが、シロップ作りに最適です。

次が耐熱ビンです。こんな幅の広いビンにしたのは、安定性に加えて、このカンロ柄杓が使いたかったからです。

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス 密閉容器 キャニスター 1L 1,150円(税込)ナガオ カンロ杓子 ステンレス 22cc 462円(税込)

オタマやレードルでも機能的には問題ないのですが、なんだか夏だなぁという雰囲気が出ますよね

「カンロ柄杓」なんて、ついつい笑顔になってしまうような名前です。

このカンロ柄杓も燕三条で作られています

専用の道具があると、製作過程が楽しめますよ。

では、自家製ジンジャーエールをどうぞ

グラスに適量の生姜シロップを入れます。

たっぷりの氷と、レモンを少々、レモンは絞っても良いし浮かべるだけでもお好みでどうぞ。

炭酸水を注いで軽く混ぜて、はいでき上がり。

生のレモンの代わりに、レモンやユズで作ったジャムを加えるのも良いです。

柑橘系の香りと酸味と相性が良いですね

葉生姜をマドラー代わりにすると、生の生姜の香りも追加されて鮮烈な感じが加わります。

少しウイスキーを入れるのも美味しいですよ

夕方はウイスキー入りのジンジャーエールを楽しみながら夏を思う

自家製ジンジャエールを飲み始めてから、肌の調子がとても良いです。

寒くなってきた頃には、身体も温まるホットジンジャーも楽しみです、ぜひお試しください。

家事問屋 公式

あわせて読みたい:


Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking