かとパン

かとパン

最近は遠出をせずに、近郊の里山での登山を楽しんでいます。

目の前に広がる針葉樹の森林、鳥の鳴き声や川のせせらぎ。

心地いい風がふく、美しい景色と澄み切った空気、素敵な里山がいくつもあり心身共に充分リフレッシュができます。

油断は禁物だよ

しかし里山と言っても、登山道が荒れていたり、ヤブ漕ぎが必要な場所が存在する場合もあります。

実際に私も草が生い茂った登山道や、雨上がりでぬかるんだ登山道を突き進み、お気に入りの登山靴や靴下・ウェアがドロドロになってしまった経験が何度もあります。

また登山靴の中が雨水などで濡れてしまうと、体温低下の原因にもなります。

登山中に悲しい思いをしないために、今ではこのアイテムを使うようになりました。

このアイテムがあると心強い

ISUKA(イスカ)ウェザーテック ショートスパッツ 3,190円(税込)

それが、足元に付けているスパッツ(別名:ゲイター)と呼ばれるアイテムです。

ガレ場にある小石、雨水や泥の侵入を防いでくれる優れもの。

私は動きやすさを考慮して、足首周辺を守るショートタイプを愛用しています。

膝下までを守るロングタイプもあるので、丈のサイズは自分好みに選ぶことができますよ。

スパッツを履いてみよう

着用するの面倒くさそう、難しそうと思われるかもしれませんが、意外に簡単に着用できます

ここでは着用方法を紹介します。

まずはファスナーを全開にして、スパッツを広げていきます。

ファスナー部分を正面にもってきた後、スパッツを足に巻き付けチャックを軽く締めます。

そのままファスナーを背面(ふくらはぎ側)に回転させ、ファスナーを上まで閉めたら、靴底にゴム製の紐をかけてフックで留めるだけ

正面にフックがが付いているので、フックを靴紐にかければ準備OKです。

初心者でも安心

イスカのショートスパッツにはマジックテープで留める部分も付いています。

自分の足周りのサイズにあわせて調整ができるので、フィット感も抜群。

スパッツ着用の凡ミスとして、左右を間違えて着用することがたびたびあります。

左右を間違えると、充分な効果を発揮できない場合があるので注意が必要。

このアイテムには裏面に「右、左」と記載がしてあるので、間違えることもなさそうですね。

内側には滑り止めも付いているので、スパッツがずり落ちにくくなっています。

登山で大活躍

着用をしていても邪魔にならず、足運びもスムーズにおこなえます。

重量も左右あわせて115g程度なので、付けているのを忘れてしまいそう。

足元にピッタリとフィットしているので、荒れた登山道を歩いてもへっちゃら。

登山靴の中に小石や落ち葉が入ったり、ウェアが汚れないので、活動中のストレスがだいぶ軽減されましたよ。

収納場所もとらない

素材はWEATHERTEC(ウェザーテック)と呼ばれる、防水性・防風性・透湿性・結露防止性に優れる高性能素材です。

気温の高い日に長時間着用しましたが、蒸れることもなく快適でした。

専用の収納袋も一緒に付いてきます

左右のスパッツをギュッと押し込めば、手の中に収まるサイズに。

バックパックに収納しても場所を取らないのも嬉しいですね。

足元はしっかり守って楽しもう

簡単に着用できると言っても、慣れるまでは戸惑ったり、時間がかかってしまうこともあります。

こればかりはしょうがないので、何回も付け外しを経験し慣れていきましょう。

小石や泥以外にも、ヒルやダニなどの害虫から足元を守ることができます

特にヤブや雑草が生い茂る場所を歩く場合は、しっかりスパッツを着用しましょう。

スパッツが1枚あるだけで、足元がとっても心強くなりますよ!

ISUKA(イスカ) ウェザーテック ショートスパッツ

あわせて読みたい:


かとパン

フリーランスとして活動しながら「猟師」という一面も持つ、サバイバル系女子。普通の登山も好き。最近、海釣りもはじめました。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking