タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

27

夏のアウトドアの必需品「クーラーボックス」

が、真夏に突入し気温が高くなってくると、せっかくクーラーボックスに入れていたのに、中身がぬるんでいた、溶けてしまっていた……なんて経験はありませんか?

キャンプで活躍!暑い日でも冷たいドリンクが飲める

「COOL LINE αⅡ SU2000」

DAIWA 「COOL LINE αⅡ SU2000」17,684円 ※amazon価格

購入以来、そんな悩みとおさらばさせてくれたのが、有名な釣りブランドDAIWA(ダイワ)のクーラーボックス「COOL LINE αⅡ SU2000」

底1面に真空パネルを採用しているのが特徴で、抜群の保冷力を発揮します。

どれくらい保冷力が優れているかというと、「COOL LINE αⅡ SU2000」に氷をいれた場合に溶け切るまでの時間はなんと約65時間

65時間ってすごすぎでは……。

キャンプ時に飲み物の保冷に使うのはもちろん、釣った魚を鮮度高く持って帰りたいときにもおすすめですよ。

薄くて軽いのに収納力も抜群

左「COOL LINE αⅡ SU2000」 自重5kg  内寸(cm):22×43×25.5 / 外寸(cm):31×58×34 

他ブランドのクーラーボックスと比べたときに、「COOL LINE αⅡ SU2000」薄くて軽いのも◎。

扱いやすいのに、大容量で収納力も抜群なんです。

たとえば、とあるキャンプ時。ビール500mlを4本、350mlを2本、750mlのトマトジュースを1本、500mlのペットボトルを1本、板氷を1つ入れてもまだまだ余裕アリ!

公式HPによると、500mlペットボトルなら18本入る仕様なんだとか。

両サイドから開閉ができる

「COOL LINE αⅡ SU2000」

クーラーボックスの蓋が両サイドから開閉できる仕様も、気に入っているポイント。

例えば、車にクーラーボックスを積み込んで移動中。

喉が乾いてドリンクを取り出そうとした時に、片方しか開閉できないクーラーボックスだと、積み込み方によっては開けにくいことがあります。

が、「COOL LINE αⅡ SU2000」なら両方からアクセスできるので、どんなシチュエーションでも開けやすく中身のモノを取り出しやすいんです。

地味に見えて、これは頻繁に使えば使うほど「使いやすいなあ」と感じるところ!

蓋の開け閉めは丁寧に

「COOL LINE αⅡ SU2000」

薄くて軽い分、蓋の耐久性にちょっと不安を感じる「COOL LINE αⅡ SU2000」

実はクーラーボックスの修理で多いのが、この部分の故障らしいのです。

開閉時に力を入れたり、乱暴に閉めたりすると、壊れやすいのだとか。

「COOL LINE αⅡ SU2000」

丁寧に開け閉めすれば問題ないそうなので、今まで以上に気を使って開け閉めしています!

ロッドキーパーも取り付けられる

「COOL LINE αⅡ SU2000」

ダイワが展開している、別売りのクーラー専用着脱式「ロッドキーパー」が取り付けられるのも、釣り好きにとっては大きな魅力。

「COOL LINE αⅡ SU2000」

竿を水平にした状態で魚のアタリを待ったり、竿を立てておいたりできるので便利ですよ。

「COOL LINE αⅡ SU2000」

愛猫も気に入っている様子

手持ちのクーラーボックスの保冷力に物足りなさを感じていた人や、釣り用のクーラーボックスを探していた人は、ぜひ一度保冷力抜群で使い勝手の良い「COOL LINE αⅡ SU2000」をチェックしてみてくださいね~。

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking