カマタユキコ

カマタユキコ

13

新型コロナウイルスの影響で、カバンの中の必需品に仲間入りしたのがアルコールスプレーなどの消毒液

だけど外出先に持って行くのをうっかり忘れちゃったり、そもそもこの容器に入れていいのかな……と今更ながら心配になったり……。

アルコール消毒液対応の携帯用スプレーボトル

携帯用消毒液スプレーボトル
PUMP SPRAY BOTTLE Mistral slower 660円(税込)

感染症対策のためにも、やっぱり携帯容器は買い直しておこう!と見つけたのがSLOWERというスプレーボトル。

アルコール消毒液に対応していて、アルコール濃度80%以下で使用することができます。

口がやや狭いので、消毒液を詰め替える際は漏斗を使うと便利です。

容量は50mlで、携帯するにはちょうどいいサイズ感。消毒液を入れても気になる重さでもないのです。

キャップも転げ落ちないしカラビナが便利〜!

他の容器よりいいなと思ったのが、カラビナ付きというところ。

ポーチに入れるにはちょっと大きかったので、私は外出時に持ち歩く鍵に付けてみました。

このおかげで消毒液忘れた!ってこともなく、使いたいときにすぐ見つかるのが便利。

そしてなくなりがちなキャップも、シリコンカバーでホールドされているのが嬉しすぎるポイント!

誤飲が心配な乳幼児がいるので、これは本当にありがたいデザイン。

キャップがついていることで、噴射口も清潔に保つことができます。

シリコン製のカバーは取り外しもできるよ

シリコン製のカバーは取り外すこともできるので、中身は変えることも可能

ボトルが傷んだとか消毒液ではない液体で使いたいとかいう時にも対応できて、今後長く使っていけそうです。

ボトルの背面は残量がわかるように細長いスリットが入っているので、あとどのくらい残っているか一目で分かるのもマル。

ボトルにカバーが付くだけで、使いやすくて便利なアイテムにグッとレベルアップするなんて驚きでした。

新しい生活様式に携帯用消毒液を

手洗いうがいを基本に、携帯用スプレーボトルがあることで、それにプラスして新しい感染予防習慣を取り入れることができている最近。

外出先に携帯用消毒液があるだけで、子どもも大人もこまめに消毒できて感染症へのストレスもちょっと軽減しました。

バッグや子どものカバン、ポーチやなどに引っ掛けて、仕事やお買い物、お出かけのお供に、心強いアイテムになっています。

あわせて読みたい:


カマタユキコ

一日の大半を家の中で過ごすおうち大好き人間。webCMや企業PR動画の音楽制作をしながら、現在5歳と3歳の育児に奮闘中。
Twitter:@yukikoxkamata Instagram:@yukikoxkamata

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking