ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

3

お部屋にラグ、敷いていますか?

気温が上がってきて、少し床がベタつく今の季節にぴったりのラグを無印良品で発見。

これならラグも衣替えしてもいいかも……。

吸湿性・保湿性バツグンで夏も安心

ソファの前に敷いた無印良品「イ草ラグ 120×180cm」

無印良品「イ草ラグ 120×180cm」5,990円(税込)

お手入れが面倒だったり、敷きっぱなしだとなんとなく衛生面が気になるラグマット。

しばらくラグなし生活を続けていたのですが、やっぱり床に座りたいな〜という瞬間がたまにあり……。

どうしたものかと悩んでいたところ見つけたのが、この無印良品の「イ草ラグ」です。

無印良品「イ草ラグ 120×180cm」を手で触る

イ草ってどうなんだろう? と思っていたのですが、実は吸湿性・保湿性がバツグン。

汗をかく季節でもサラッと使えるらしいのです。

畳のようなこの香りも、なんだか落ち着く〜。思いがけず、お部屋を一気に夏らしい雰囲気にしてくれました。

使わないときは折りたたんでコンパクトに

無印良品「イ草ラグ 120×180cm」の角

私が購入したのは120×180cmサイズ。

端もしっかり仕上げてあり、ソファの足元などお部屋の一角に敷くのにちょうどいい大きさでした。

180×180cm、180×240cmサイズもあるので、お部屋の広さにあわせて選べるのもうれしいところ。

無印良品「イ草ラグ 120×180cm」折りたたむ

折りたたむとコンパクトになるので、夏が終わったあとの収納に悩まされることもなさそう。

ラグの敷き替えって一大イベントのイメージでしたが、敷くのもしまうのも楽ちんなんです。

残念なところ:ささくれがちょっと気になるかも

無印良品「イ草ラグ 120×180cm」ささくれ

自然素材のため、使っているとこのようにささくれてくることも。

すぐにボロボロになってしまう……なんてことはなさそうですが、どのくらい持つかは気になりますね。

できれば来年も使いたい。

使いやすさの秘密は裏側に

無印良品「イ草ラグ 120×180cm」裏側のフェルト

裏側はフェルトのような素材で、座ったり足を置いても硬いなぁという感じはナシ。

普段の生活をするくらいなら、すべりも気になりませんでした。

しっかりと止めておきたい場合は、別売りの「ラグ滑り止めシート」を使用するのがおすすめです。

これはくつろげるなぁ

無印良品「イ草ラグ 120×180cm」の上で足を伸ばしてくつろぐ

ゴロンと横になったり、足を伸ばして座ったり。

くつろぎスペースといえばソファ一択のわが家でしたが、このラグのおかげでリラックスできる場所がひとつ増えました。

これからの季節にピッタリのイ草ラグで、お部屋も衣替えしてみるのはいかがでしょうか?

※本記事は2019年5月12日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by 小池田

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking