門岡 明弥

門岡 明弥

2

焚き火を楽しむための必需品である「焚き火台」ですが、何かと持ち運びに労力がかかります。

コンパクトな種類も多く販売されていますが、小さい割に重かったり、使い勝手が悪かったりと、機能とサイズのバランスが難しいところ。

サコッシュに入るくらいコンパクトで、なおかつガッツリ料理もできる焚き火台があったら、焚き火が今よりももっと身近な存在になるのになぁ。

文庫本サイズの焚き火台

こちらはFlexFireという、ドイツ製の焚き火台。

ソロキャンプはもちろん、サブの焚き火台としても活躍するコンパクトさが特徴です。

収納時のサイズは縦12cm×横20.8cm×厚さ7.5mmと、文庫本さながらのミニマルさ。

しかしただコンパクトなだけではなく、ステンレスチタン合金によって作られているため、熱で歪まないタフさも兼ね備えている焚き火台なんです。

柔軟な機能性

FlexFire」には、側面プレートが4枚のものと6枚のものがあります。

側面が6枚の「FlexFire6」はプレートの組み合わせを工夫することで、こんな風により大きな焚き火台に拡張することだってできちゃうんです。

さらに「FlexFire6」にガスバーナーを入れて使えば、風防としての役割も果たしてくれますよ。

風の影響で火力はずいぶん変わるので、柔軟な使い方ができるのは嬉しいところ。

料理にも使える

調理器具を上に乗せることで、料理にも使えます。

燃料の投入口が側面にあるので、料理の途中に上から燃料を投入することもなく安全です。

FlexFire6」は安定感に長けているので、スキレットや鍋などを使った調理も◎

薄くて幅の広い石を上に乗せて、石焼きステーキを試してみたい……。

プレート構造で手入れ楽ちん

プレート1枚1枚を組み立てる構造になっていて、分解して丸洗いすることが可能。

たった1回の焚き火でも相当な汚れがつくので、手入れのしやすさもある意味で“身軽さ”を感じます。

今回紹介した「FlexFire」はクラウドファンディングサイト・machi-yaにて支援を募集中です。

いよいよ梅雨も明け、アウトドアシーズン真っ只中に差し掛かろうとしているこの頃。

サッと取り出せる焚き火台がひとつあると、アウトドアをもっと身軽に楽しむことができそうです。

FlexFire[machi-ya]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking