Étoile

Étoile

1

コロナ禍で巣ごもり生活が続き、自然が恋しくなってきたこの頃。

広い公園で緑に触れながらピクニックしたい!と、まずはしっくりくるピクニックシートを探していたところ、セレクトショップで素敵なものを見つけました。

工業用の紙をリサイクルしたピクニックシート

山陽製紙 「crep ピクニックラグ スタンダード L」 1,800円(税別)

それがこちらの「crep ピクニックラグ」

“なぜ洋服屋でピクニックシート?”とハテナが浮かびましたが、ファッショナブルなその外観にすぐに納得しました。

なるほど、これは洋服とリンクして購入したくなってしまいます。

crepの最大の特徴は、その素材と製作工程。

セメント袋をとめるテープなどに使われる「工業用クレープ紙」をリサイクルし、和紙を思わせる美しい風合いを持つピクニックシートが生まれました。

新たな資源の採取やごみの発生を抑えつつ、おしゃれにアウトドアを楽しむことができるなんて、こんなに嬉しいことはありません。

水をはじいてくれる頼もしい素材

もともと工業用の紙というだけあり、水に強い仕様となっています。

ポリエチレンラミネート加工された裏面はもちろんのこと、表面もある程度は水や雨をはじいてくれますよ。こぼした液体がすぐに染み込まないのが嬉しい!

また、独特のシワがついた厚めの生地は、紙に感じるような不安定感がなく、引っ張ってちぎれてしまったことも今のところありません。

軽くてコンパクトだからアウトドアが身近に

私の購入したLは、畳むと単行本よりひと回り大きなサイズ。

リュックサックにも余裕を持って入ります。ふわりと大変軽く、持ち運びが全く苦になりませんので、気楽な野外遊びにぴったり。

思い立ったらリュックサックにシートを詰めこみ、公園ピクニックに出かけることができます。

さあ、公園へ!

読書の場所を屋外に移すだけで少し優雅な気分。

横座りでリラックスしても、まだまだ半分以上のスペースが余っています。

200cm×110cmという大きさですので、身長180cmの成人男性が寝そべってもこの通り! 少しだけ詰めれば、横にもう1人寝ることができますよ。

そう、これがしたかったので一番大きなサイズを選んだのです。

カラーコーディネートが楽しい

crepのピクニックラグには30種類以上の色柄が用意されているのですが、お気に入りのアウトドア食器とカラーコーディネートするため、私は一番シンプルなナチュラルカラーにしました。

ピクニックやキャンプでは季節やシチュエーションにより色々な洋服を着るものですが、このカラーはどんな装いにもマッチし、主張し過ぎないところが気に入っています。もちろん、色や柄物に挑戦してみるのも楽しそうです。

自然派ラグに吸い寄せられて

撮影中、自然派のラグに吸い寄せられたようにヒラヒラと木の葉が舞い降りてきました。心にも地球にも心地よいラグでピクニックしてみませんか。

山陽製紙株式会社「crep」特設サイト

あわせて読みたい:


Étoile

大きなイベントごとを常に発生させ続けるのは難しいけれど、日々の生活に小さな幸せを見いだすことで、日常にスパイスをかけることはできる。ちょっとした緑を見つけては愛でたり、物語のある雑貨を手にしたり、気持ちのいいものを身につけたり、そんなことを大切にしていきたいと思っています。一番好きなスパイスはシナモン。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking