行定監督 「劇場」

ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

ギズモード・ジャパンより再編集して掲載。

映画館が先か、Amazonプライムビデオが先か…。

6月25日、行定勲監督が手がけた映画『劇場』が、本日7月17日(金)から全国20館のミニシアターとAmazonプライムビデオで全世界同時公開されました。映画館での封切りとインターネット配信が同時に行なわれるということは、日本映画界では初となります。

『劇場』は、吉本興業のお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん原作の小説を映画化したもの。

当初は2020年4月17日公開予定でしたが、新型コロナの影響により公開延期に。 そして満を持して、明日公開となります。

偶然にも今の空気感に合致している作品

『劇場』は演劇に関わる人たちの苦悩や葛藤、そして人間関係などを描いた内容となっています。

この内容が、コロナ禍においてエンターテイメント業界が逼迫している状況と重なっているように感じました。もちろん、これは偶然なんですけどね。

行定監督は

なんとか演劇で這い上がってやろうという登場人物たちが出てきます。しかし、コロナ禍にあるリアルの世界では彼らのような演劇人は活動すらできていない。小劇場だけではなく、ライブハウスや映画館も同じような状況に陥っています。今、このタイミングでこの作品を観ると、タイムリーかなと思います。なぜ、コロナ禍において映画や演劇、音楽関係の人たちが劇場にかける想いを感じることができる一助になるのではと思います。

とインタビューの際に話してくれました。

『劇場』は、小劇場の多い下北沢を舞台としたストーリー。

なかなか自分たちの演劇が認められない状況が、なんとなく今の情勢におけるエンターテインメント業界が抱える苦しみのようなものと被るんです。

狙っていたわけではないのに、このタイミングでの公開となったということに、『劇場』の持つ運命的なものを感じてしまいました。

ぜひ映画館で観たい映画

ミニシアター20館とAmazonプライムビデオの同時公開ということで、みなさんはどちらで観たらいいか迷うかもしれません。

僕は一足早く、自宅のテレビで『劇場』を観させていただいたのですが、「ぜひ映画館で観たい!」と思いました。

もちろんどちらで観るのかは自由ですが、仮にAmazonプライムビデオで観たとしても、絶対に「映画館で観たい」と思わせてくれる作品です。これは断言できますね。

理由は、『劇場』を観ればわかると思います。

日本映画界の未来を変えるかもしれない

『劇場』が公開される映画館のリストはこちらからご確認ください。大きな映画館ではありませんが、ミニシアターというのがまた『劇場』の雰囲気にピッタリだと思います。

シネコンのような、明るく楽しい映画館で映画を観るのも楽しいのですが、古くから地元にあるミニシアターで観る映画というのも格別です。

ミニシアターに行ったことがないという方は、この機会に行ってみてはいかがでしょうか?

『劇場』公開まであと少し。映画館で観るもよし、家でゆっくる楽しむのもよし。

どちらの楽しみ方もできる『劇場』。映画界にとってエポックメイキングな作品として歴史に名を残すことでしょう。

そして、これからの映画が変わるきっかけとなる作品になるかもしれません。

今晩、ギズモードでインタビューが公開されます

この『劇場』の公開発表に伴い、ギズモード編集部が行定勲監督にインタビューを行ないました。

ぜひこちらでご覧ください。

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking