Étoile

Étoile

2

安価で手軽に食べられて、バリエーションも豊富に展開されている「サバ缶」。

近年では「サバ缶ダイエット」が流行るほど、健康への効果も期待されています。

実はそんなサバ缶が、アウトドアショップのPatagonia(パタゴニア)で販売されているって知っていましたか?

アウトドアブランド×サバ缶 「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」

パタゴニア 「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」 各¥842(税込)

夏物を探しにパタゴニアのショップに足を運んでみたところ、「アウトドアブランド×サバ缶」という異色の組み合わせの商品を発見しました。予定にはありませんでしたが、思わず購入してみることに。

パッケージにはパタゴニアのロゴとともにリアルなサバのイラストが描かれ、サバ缶とは思えないほどスタイリッシュな雰囲気をたたえています。

変わり種の魅力的な味が揃う

フレーバーは「レモンケイパー」、「スパニッシュパプリカ」、「ローストガーリック」の3種類。水煮と味噌煮というサバ缶界の2重鎮は鳴りをひそめ、代わりにカタカナがまばゆく並んでいます。

「スパニッシュなパプリカってどんなものだろう?」「そもそもケイパーってなんだっけ?」と、開封前に高まるわくわく感。

開けてみると…

上から「レモンケイパー」、下段右が「ローストガーリック」、左が「スパニッシュパプリカ」。

オリーブオイルのプールに漬かっていたせいか、いっぺんに開封してもサバ缶独特の臭みがそれほどありません

サバ缶の簡単レシピ3つ

「レモンケイパー」はオープンサンドに

まずは「レモンケイパー」をオープンサンドにしてみました。食パンにレタスを乗せ、その上にサバひと切れをラフにトッピングするだけ。

レモンが爽やかに香るサバはプレーンな食パンと相性抜群です。たまに現れる酸味のあるケイパーがいいアクセントになってくれます。(そうそう、ケイパーってこんな丸くて小さな酢漬けでした!)

クリームチーズと合わせるとサバの“魚感”が中和され、よりリッチな味わいを楽しめますよ。

「スパニッシュパプリカ」はパスタに

鮮やかな赤色が美しい「スパニッシュパプリカ」は、スパゲティとともに。スパゲティを茹で、サバの身をほぐしながら和えるだけで完成します。

缶に残るオリーブオイルも貴重なソースの一部。オリーブオイルをたっぷり吸ったサバとパプリカがスパゲティと絡まり、まろやかで上品な味を作り出します。

「スパニッシュパプリカ」は3種類の中で一番クセがなくマイルドだと感じました。

さらにコクをプラスしたい場合はチーズをトッピングしてみてくださいね。

「ローストガーリック」はお酒のおつまみに

パタゴニアの店員さんおすすめの食べ方も試してみました。バーナーで温め、そのままお皿に移していただきます。

ガーリックの味がしっかりめについていますので、ビールや白ワインの最高の相棒になりそう。

キャンプに一缶持っていけば、外飲みの質が格段に上がることでしょう。

安心の原材料

裏返して成分表を見てみますと、とてもシンプルなことに驚きます。添加物は一切使わず、入っているのは食材そのもののみ

見慣れない漢字やカタカナが羅列することなく、“すべて身近な食材、名前を知っている食材でできている”ということは、なんと貴重で安心なことなのでしょう。

非常食にもどうぞ

2020年7月に購入した缶は賞味期限が2023年6月までと記載されていました。

3年と長期にわたって保存できるため、非常食として重ねてストックしておくのもよさそう。

非常の時だからこそ、おいしいもの、ちょっといいものを食べて心を落ち着かせることができたらいいですね。

伝統的な漁法で捕獲されたサバ

パタゴニアのサバ缶に使われているサバは、釣り針と糸のみを使用する伝統的な漁法で捕獲されています。

網を使用しないこの漁法は、混獲が起こらず、環境保護にもなります。パタゴニアは、そんな昔ながらの小型漁船に乗る漁師のコミュニティをサポートしていると知りました。

例えばサバ缶ひとつをとっても、”数ある商品から選び・お金を払って買う”という行為は、それを提供している誰か(=企業)の考え方やらスタンスに賛同し”投票している”ということを考えると、ああ襟を正さなくては、と感じます。

ひとりひとりの力は小さいけれど、そんな小さな投票の積み重ねが大きな成果を生むかもしれません。パタゴニアのサバ缶から、おいしく食べながら視野を広げてみる、そんな素敵な機会をもらいました。

新発売サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬[パタゴニア公式サイト]

あわせて読みたい:


Étoile

大きなイベントごとを常に発生させ続けるのは難しいけれど、日々の生活に小さな幸せを見いだすことで、日常にスパイスをかけることはできる。ちょっとした緑を見つけては愛でたり、物語のある雑貨を手にしたり、気持ちのいいものを身につけたり、そんなことを大切にしていきたいと思っています。一番好きなスパイスはシナモン。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking