タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

5

たくさんのブランドが、さまざまな種類のクッカーが展開していますよね。

選択肢が多くてうれしい反面、特にはじめて購入する人は「一体どれがいいの?」と悩んでいる人が少なくないはず。

そこで今回は、コンパクトなのにアウトドア調理をスムーズにするさまざまな機能を兼ね備えた愛用品をおすすめしたいと思います。

アウトドア調理をストレスフリーにするスグレモノ

プリムス 「ライテックトレックケトル&パン」

プリムス 「ライテックトレックケトル&パン」 3,236円(税込)

それは、PRIMUS(プリムス)の「ライテックトレックケトル&パン」というクッカー。

内側にノンスティック加工が施されていることで、料理の際に焦げ付きにくいのが魅力です。

また、コンパクトな見た目に反し、約1Lほどの水が入る容量があるので、カップラーメンやインスタントラーメンを作るときの湯沸かし器としても使えます。

注ぎ口もついているので、食材の水切りをしたりコーヒーを淹れたりするときにも便利なんですよね。

ハンドルカバーがついているから、調理中にハンドルを掴んでも熱くないのも◎。

値段は手頃でありながら、各所のちょっとした加工が、アウトドア時の調理ストレスを減らしてくれるスグレモノなんです。

飯ごういらず! ごはんもツヤツヤに炊けるよ

キャンプ中にごはんを炊きたいときにも、「ライテックトレックケトル&パン」が活躍します。

「ごはんは飯ごうがなければ上手に炊けない」と思われがちですが、「ライテックトレックケトル&パン」でも、まったく問題なく炊けるんです。

2合と適量の水を入れて、沸騰するまで強火で加熱。

沸騰したら弱火で7分ほど加熱し、

火を消して、10〜15分くらい蒸しましょう。

はい、飯ごうを使わなくとも、ふっくらツヤツヤごはんが完成しました!

他のクッカーでも、水量や加熱温度・時間を適切に調整すればおいしく炊けるはずなので、ぜひ一度お試しを。

上蓋がフライパンになるよ

また、このクッカーの上蓋部分は、ミニフライパンとしても使えます。

実際に目玉焼きを作ってみましょう!

少量の油を塗って卵を入れます。

弱火で火を通していきます。

焦げ付くことなく、キャンプ中の朝ごはんにぴったりな目玉焼きが完成!

ベーコンやウインナーと一緒に焼くのもおすすめですよ。

フライパン部分には、滑り止め加工なし

クッカー本体には滑り止め加工が施されている「ライテックトレックケトル&パン」。

ですが、フライパンの裏側には、滑り止め加工がありません。

これまで使うなかで落下させたことはないですが、フライパンを使うときはガスストーブから落ちないように注意してください。

ガスカートリッジの収納もできちゃう

ライテックトレックケトル&パン」には、250サイズのガスカートリッジと小型ストーブを収納することができます。

筆者は持ち運ぶ際、いつもガスカートリッジを収納していますよ。

はじめてのアウトドアクッカー購入を検討している方にぜひともおすすめの「ライテックトレックケトル&パン」。コンパクトなのに多様な使い方ができるので、1台あると重宝します。

手頃価格で、特に不満を感じることなく使えている“ちょうど良さ”が、おすすめする理由です。

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking