oh!ga

oh!ga

20

オフィスにいると、ついついコーヒーに手が伸びてしまいます。

マイコーヒーサーバーを持ち込んでいるせいで常に飲んでいることに気がつき、さすがにちょっと健康が心配になってます。

体のことを考えればコーヒーよりも水の方が良いわけです。そこで、無印良品の「自分で詰める水のボトル」を買ってみました。

存在感あるのにシンプル

無印の水のボトル

無印良品「自分で詰める水のボトル」190円(税込)

ペットボトルを無駄に捨てずに、水を自分で詰めかえることで環境にやさしく、というのがコンセプトの商品です。

メッセージ性がすごい。一発で水というのがわかる。ボトルだ。水の。極限まで無駄のないシンプルさが潔くて好きです。

環境への配慮できるのも大切なのですが、僕の場合はこのボトルの存在感こそが重要。

視界に水の文字が入るたびに、コーヒーじゃなくて水飲もうと思えるのが気に入ってます。

持ち運びのしやすさ◎

無印良品の水のボトル

スキットル型(角が立たず平べったいデザイン)なので、ポケットにもするっと入りますし、カバンの中で他の物を邪魔しません。

プラスチック自体は厚みがあるので、持った時にクシャっと簡単に潰れず、手なじみもちょうどいい感じ。

500mlのペットボトルに比べて邪魔にならない、350mlってサイズなのが絶妙ですね。

残念なところ:融通がきかない

無印良品の水のボトル

70℃以上の熱湯ダメ。冷凍ダメ。電子レンジもダメですし、食洗器も使えません。

あくまで水を詰めるだけのボトルです。ここまで来たら水専用と謳って欲しいところです。

ちょこっと無印良品のお茶(常温以下)はいいよって書いてあります。そこはええんや……。

無印良品が給水所に

無印良品のアプリ

無印良品の一部店舗が給水所として無料で水を提供してくれます(残念ながら最寄りの無印は対象外でした……)。

アプリで水を詰められる無印良品がわかりますし、公共機関で水が詰められる場所もわかりますよ。アプリの名前が「水」なのも、シンプルさが徹底されてて好きですね。

500mlの水は運動していなければ量がちょっと多いと感じていたので、350mlをちょこちょこ飲んで、なくなったら詰めてというのが僕にはちょうどいい感じです。

これから本格的に暑くなっていくタイミング。今年はいつもより水をたくさん飲む生活はじめてみませんか?

自分で詰める水のボトル[無印良品]

あわせて読みたい:


oh!ga

都内でWebディレクターをするかたわら、けん玉チーム「damassy」の一員としてけん玉普及活動にまい進するアラサー。日々けん玉動画を撮影してyoutubeにアップしたり、動画編集に追われてあっぷあっぷしてたりする。 ■youtube https://www.youtube.com/c/damassy

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking