門岡 明弥

門岡 明弥

8

パソコンを持ち歩くことが多くなったこの頃。

出かけるときにリュックを選ぶかトートバッグにするか、悩むことが多いんです。

いっそのこと、ひとつになればいいのに……。

トートでも、リュックでも

「Toteruck」を男性が手でもち。女性が背負う画像

アッシュコンセプト「Toteruck」 定価:8,500円(税別)

そう思っていたときに出会ったのが、「Toteruck」というバッグ。

リュックとしてはもちろん、取っ手がついていることでトートバッグとしても使える2WAYバッグなんです。

普段はリュックとして使って、電車の中などではサッとトートバッグとして持つことができるので、さまざまな場面で活躍してくれそう。

フルオープンで出し入れ楽ちん

「Toteruck」のメイン収納部をフルオープンにしている画像

サイズ:約W300×D200×H600mm (本体:約W300×D120×H400mm)

メイン収納部はフルオープン仕様になっています。

ガバッと開くので、たくさん物を入れていても出し入れがスムーズ。

容量は14Lなので、1泊2日くらいの旅行であれば、全然行けちゃいそうです。

収納も充実

「Toteruck」 他の収納について

フルオープンなメイン収納部に加えて、すぐに取り出したい小物を入れておくフロントポケットや書類をしまっておきたいバックポケットがついています。

さらには文庫本などを入れておくウエストポケットや、リュック上部を活用できるトップポケットまで。

マスク・折りたたみ傘・アルコール除菌剤など、なにかと荷物が多いこの季節の味方になってくれそうです。

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking