いとう

いとう

6

今年も男女問わずオーバーサイズのTシャツがトレンドですね。

ゆったりとしたシルエットは、性別も選ばずラクに着られて、今ならこなれた着こなしにもなるので、とっても役に立つアイテム。

そこで、手に入れやすいユニクロとGUのTシャツたちを着比べてみました。

ストンと落ちるスタイルのオーバーサイズT

オーバーサイズのTシャツは、肩からストンと落ちるシルエットでスタイルを華奢に見せてくれます。

1枚でも充分な存在感で、コーディネートの幅を広げてくれる万能アイテム

今回比べてみるのは、ユニクロのエアリズムコットンオーバーサイズTシャツGUのヘビーウェイトビッグTの2種類。

シンプルなアイテムながら、着心地や細かいシルエットに差があるものです。

さまざまな違いや、良いポイントを探してみましょう。

シルエットはどうかな?

ユニクロ エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ 1,500円(税別)

まずはユニクロのエアリズムコットンオーバーサイズTシャツ

ハリのある生地感かつ、狭めに詰まったメンズらしい首元なので、ルーズな感じがあまりしません。

Tシャツとシンプルなパンツだけでピシッととした印象が作れます。

裾丈は161cmの筆者で、腰骨から少し下ほど、ローウエストのパンツを合わせても似合いますよ。

GU ヘビーウェイトビッグT 990円(税別)

続いてはGUのヘビーウェイトビッグT

ユニクロのTシャツと比べると、全体的に大きく、シルエットは緩めですね

肩の落ち具合もゆるっとしていて、カジュアルな印象が強いです。

袖口も大きな作りになっています、裾丈は筆者のお尻部分が隠れるほど、スカートでもパンツでもあわせやすい1着です。

素材感も結構違いがあるぞ

ユニクロのオーバーサイズTの生地感はどうだろう

ユニクロのTシャツは、繊維一本一本にしなやかな張り感があります。

表面にコットン糸、裏面にユニクロ独自開発の生地であるエアリズム糸を使用したジャージー素材で作られており、触り心地もさらさらとしていて、
長時間着ていてもとにかく気持ちがいいですよ

洗濯しても晴れている夏の日であれば数時間で乾いてくれるので、真夏のヘビロテアイテムとしても優秀です。

比べてGUのビックシルエットTをみてみると

GUのビックTは、ほぼコットン生地の厚みのあるベーシックな素材感

洗濯機でガンガンと洗えるのもいいところですね。

ただ、シワがつきやすい素材なので、干した後はきちんと伸ばして干すことがポイントです。

どんな風に合わせようかな

ユニクロのオーバーサイズTは上にシャツを羽織ってもいい感じ

ユニクロのTシャツは、着た時にもたつきが少ないので、Tシャツの上にシャツを重ねたり、同系色のくすみカラーのパンツを合わせるのがお気に入り。

カラーバリエーションは10色、とっても幅広い展開ですね。

全ての色がくすみカラーで、ナチュラルに仕上がっており、大人でも使いやすいのがありがたい。

GUのビックTはカラーバリエーションが多いのも魅力ですね

ユニクロに比べてGUの方は、カジュアルなデザインなので、明るい色のカラーにジーンズを合わせるだけで夏らしいコーデに仕上がります。

カラーバリエーションは13色展開、使いやすいナチュラルカラーから、夏だからこそ遊べるビビッドなカラーまで、自分のお気に入りのカラーをコーデに取り入れられます。

使いやすいTシャツが1枚あれば、毎日の洋服の幅もぐーんと広がりますよ。

さまざまなシーンで着やすいビックシルエットTを着て、この夏を楽しみましょう。

ユニクロ エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ

GU ヘビーウェイトビッグT

あわせて読みたい:


feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking