田中 さやか

田中 さやか

2

暑い日が続くと、冷たい飲み物が恋しくなりますよね。

ただ、アイスコーヒーやアイスティーなど、メニューがマンネリ化しがち……。

そんなときに見つけたあるシロップが、おうちドリンクのバリエーションを増やしてくれました!

イギリスの伝統的なノンアルコール濃縮飲料

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」¥568(税込)

それは、カルディの「ハーブコーディアル エルダーフラワー」

ヨーロッパで馴染みのある野花の一種「エンダーフラワー」を、ハーブやフルーツと一緒に砂糖に漬け込んでシロップにした、イギリスの伝統的なノンアルコール濃縮飲料です。

炭酸で割るなどしてさまざまなアレンジが楽しめます。

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

シロップを味見してみると、レモンの風味感じる甘酸っぱい味

同時に、お花のような良い香りもふわんと漂います。

500円台という手頃価格にも魅力に感じ、今回はさまざまなアレンジを試してみました!

おうちで手軽に楽しむドリンクアレンジ3選

①炭酸水でシュワシュワ爽快! 「レモネード」風

まずは炭酸割りをつくってみました。

シロップをよく振ってから、8倍に希釈して飲みます。

炭酸水のシュワシュワ感とシロップの甘酸っぱさがマッチしてレモネードのような味わいに。これは暑い日にゴクゴク飲みたい!

②レモン香るさっぱり「アイスティー」

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

アイスティーと割ってみると、レモンティーのような風味がプラスされ、よりスッキリとした味わいに!

レモンを切る手間をはぶけるので、ちょっとサッパリしたい気分のときに手軽に作ることができる一杯です。

③クセになる味わいの「コーヒーレモネード」

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

好みでレモンのスライスをいれても。見た目が涼やかに

ちょっぴり変わったアレンジもご紹介。

アイスコーヒー3:炭酸水2:エルダーフラワーのシロップ:1の割合で混ぜると、コーヒーレモネードが完成します。

爽快なシュワシュワ感と共に、コーヒーのビター感、レモンの甘酸っぱさを楽しめるおすすめドリンク。

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

濃厚なクリームの入ったおやつとの相性もいいですよ。

このクセになりそうな味わいは、ぜひ一度試してみてほしいです。

料理やお菓子にも使えるよ

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

ドリンクとして楽しむだけではなく、料理やお菓子を作る際の風味付けにもおすすめです。

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

例えば、フレンチトーストを作るときに、卵液にシロップを足してみてください。

味見しつつが良いと思いますが、レモンの風味を強めたい人は、多めにいれるのが良いと思います。

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

ただ甘いだけでない、爽やかな風味が楽しめる夏らしいフレンチトーストが完成!

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

また、ヨーグルトのシロップとして活用しても◎。

酸味が加わり、一層さっぱりとした味わいが楽しめます。

これ以外にも、アイスクリームやパンナコッタなどのトッピングとして使ってもよさそうです。

減りは早いかも…

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

シロップなので長持ちすると思いきや、いろんな楽しみ方ができるので割と減りが早い印象です。

また、店舗でも人気なアイテムで、入荷待ちの状態であることも多いのだとか。

見つけたら早めにゲットしてみてください。

ハイボールにちょい足しで飲みやすく

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

ハイボールにちょい足しするのも好きなアレンジのひとつ。

酸味と甘みが加わって、かなり飲みやすくなります。

ハイボールが苦手だけれど挑戦したい派さんは、シロップを多めにいれると良いかもです。

カルディ「ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml」

幅広いアレンジが楽しめる「ハーブコーディアル エルダーフラワー」

夏の冷たいドリンクアレンジを楽しみたい人は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

ハーブコーディアル エルダーフラワー 200ml

あわせて読みたい:

田中 さやか

TV番組制作会社の勤務を経てライターに。主にグルメ・インタビュー記事を執筆しています。シンプルで可愛い雑貨が大好き。暮らしが便利になるアイテムをご紹介します♪

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking