山崎実業の「洗濯機隙間ラック」

ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

10

限られたスペースでできる限りスッキリ収納したいのに、ついついできてしまうデッドスペース

特に洗濯機の横のわずかな隙間は見落としがちで、狭いだけでなく奥行きもあるために、掃除がしづらいのが悩みどころ……。

でも、そのままにしていたらもったいない!

そんな洗濯機横のデッドスペースを、便利な収納スペースに早変わりさせてくれる優秀なアイテムを、5つに選りすぐってご紹介します。

ジェルボールや洗濯ネットの収納にピッタリ!

山崎実業の「ランドリー収納

山崎実業の「ランドリー収納」は、強力なマグネットで洗濯機の側面にピタッとくっつく、フタつきの小物入れ。

片手で開けることができるフタは、洗濯物を持っているときでもストレスなく開けることができます。

山崎実業の「ランドリー収納」

容量も十分で、市販のジェルボール44個入りがぴったり入るサイズ感。何度も詰め替える必要がないのも助かりますね。

山崎実業の「ランドリー収納

ジェルボールだけでなく、収納場所に困る洗濯ネットの置き場所としてもおすすめ。

洗濯バサミなど小物収納のほか、コットンや綿棒のゴミ入れとしても使えそうな、汎用性に優れた逸品です。

詳しくはコチラ↓

ニッチな隙間を埋めて、掃除も収納もラクラク!

山崎実業の「洗濯機隙間ラック」

山崎実業の「洗濯機隙間ラック」は、狭くて手が届きにくい洗濯機横の隙間を埋めてくれる意外なアイテム

山崎実業の「洗濯機隙間ラック

文字通りニッチなこのアイテムは、さまざまなサイズに合うように考え抜かれていて、長さも伸縮でき、奥行きもぴったり合わせて使えます。

段差やホースをカバーするフラットな台が生まれたことで、地味に役立つ収納スペースのできあがり。ここに洗濯用品をまとめて置いてしまいましょう。

ストッカーなど置けば、さらに収納を増やせそう。

山崎実業の「洗濯機隙間ラック」

掃除も台の上をサッと拭くだけなので、グンと楽になってくれます。

詳しくはコチラ↓

15cmのスキマをフル活用!

山崎実業の「洗濯機横マグネット収納ラック」

洗濯機まわりはどうしてもモノが多くなってしまいがち。

山崎実業の「洗濯機横マグネット収納ラック」は、わずか15センチのスキマを余すことなく活用させてくれるスマートな逸品。

背面はマグネットになっているので、手軽に設置することができます。

山崎実業の「洗濯機横マグネット収納ラック」

上部は棚になっていて、おしゃれ着用の洗剤や柔軟剤、洗面台に置ききれないハンドソープだって置くことができそう。

山崎実業の「洗濯機横マグネット収納ラック」

その下にもフックが付属しているので、洗濯ブラシやシューズブラシなどの掛ける収納にも役立ちます。

詳しくはコチラ↓

フックが付いてるだけでこんなに便利。なんでもぶら下げちゃおう

「洗濯ネットハンガー」

このシンプルなアイテムが、わずかな隙間に収納を生み出してくれるって信じられますか?

洗濯ネットハンガー」を横に2つ並べれば、洗濯ネットを引っ掛けてそのまま衣類を入れられる便利なアイテムに変身。

洗濯ネットハンガー

洗濯するときはそのまま取り外してポイっと洗濯機に入れるだけ。作業効率も上がり洗濯ネットを探す手間もなくなって、家事も楽しくなりそうです。

洗濯ネットだけでなく、例えばレジ袋を掛けてみれば、簡易ゴミ袋としても使用可能

洗濯ネットハンガー

ゴミ箱を置かなくていいので、脱衣所のスペースも広く使えます。

また、「洗濯ネットハンガー」を縦に2つ並べて、ハンガー掛けにするのもオススメ。

洗濯ネットハンガー

スリムに収納できるうえに、洗濯してから干すまでの工程をスムーズに行うことができます。

詳しくはコチラ↓

簡単に始められる、「見せる収納」

タオルホルダー

デザイン性の高さと機能的な使い心地が人気の「タオルホルダー」は、タオルの見せる収納を実現させるアイテム

タオルを丸めて、洗濯機や冷蔵庫の側面に収納すれば、まるでホテルみたいな雰囲気に!

このタオルホルダーには、キッチンタオルを5枚収納できるタイプと、大きなバスタオルを4枚収納できるタイプがそれぞれあります。

脱衣所に洗濯機がある方は、バスタオルホルダーもあわせて用意してみるのもいいかもしれません。

ちなみにどちらも耐荷重は約2キロ。

タオルホルダー

ここにストックを入れておけば、濡れた手で引き出しやカゴから新しいタオルを出す必要がなくなりますね。

もちろん接着面はマグネットなので、簡単に取り付けることができます

一見ニッチなジャンルである洗濯機横に可能性を見出し続け、驚くような便利なアイテムを生み出し続ける山崎実業の執念は、脱帽ものですね。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking