門岡 明弥

門岡 明弥

74

コード類のごちゃごちゃ、目に入る度にイヤな気分になってしまいます。

そろそろ何かしらのアイテムを取り入れようと思っていたところに、こんなアイテムを見つけちゃいました。

ルーターも入るケーブル収納ボックス

山善「ケーブルボックス」ルーター、タップ、コードもすっきりの文言入り画像

山善 「ケーブルボックス」 4,309円(税込)

生活感丸出しのケーブル類をまとめて目隠ししてくれるこちらは、山善の「ケーブルボックス」。

サイズ感は幅40.5×奥行13.5×高さ40cmで、置き場所に困りがちなルーターやモデムも一緒に収納できるんです。

細かな気遣いも◎

山善「ケーブルボックス」天板を開いている様子

開閉式の天板はケーブルやコンセントをホコリから守り、トラッキング火災を防いでくれます。

山善「ケーブルボックス窓からコンセントのスイッチを触る様子

また、窓が付いていることで、本体を閉めた状態のままコンセントのスイッチを切り替えることができます。

毎回コンセントを取り出す必要がないので、ちょっとした気遣いがうれしいところ。

このケーブルボックス自体に大きな特徴はありませんが、余計な機能がいらない人にとってはとても使いやすそうです。

ルーターやコード類の生活感を瞬殺しよう

山善「ケーブルボックス」

山善の「ケーブルボックス」は、Amazonにて4,309円(税込)で販売しております。

目につく度に気にはなるけど、何かと後回しにしてしまいがちなケーブルごちゃごちゃ問題。

これを機に、今回こそはコード類の生活感を撃退してみたいと思います。

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking