Fukuko

Fukuko

3

ステイホームでお料理や保存食作りに目覚めたみなさん。

そろそろ果実酒にトライしてみませんか?

ちょっとだけ試してみたいって人に向けて、ピッタリのアイテムが出ましたよ!

容器とホワイトリカーが一緒になった果実酒セット

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」220ml(450ml広口ビン)
460円(税込)

果実酒を作るときに材料を揃えるのはもちろんなのですが、容器などを揃えるのが面倒に感じる人も多いかもしれません。

しかしこのアイテム小さい広口ビンにホワイトリカーが入っているため、他に揃えるものは材料のみ。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

外側のパッケージには簡単レシピがついてます。

そしてこのシュリンクは楽に外すことができますよ。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

広口ビンの容量は450mlで、入っているホワイトリカーは220ml。

「え、少ないよ……スカスカじゃん!」って思いました?

いえいえ、このスペースはお好みのフルーツなどが入るところですよ~。

作り方は簡単

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

容器に分量のグラニュー糖を入れて、フルーツを入れればひとまずやることはおしまい。

用意する手間が楽なので、カットフルーツでもOKです。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

1日1回かき混ぜる必要はありますが、なんと3日でできちゃいます。

あまりにお手軽すぎて、拍子抜けしてしまいますよ。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

さっそくできたてのフルーツミックス酒を強炭酸水で割って簡単カクテルを作ってみました。

カクテルを作ってみたいけど分量がわからない人は、公式サイトにさまざまなレシピが載っているので見てみるといいかもしれません。

リモンチェッロ風のリキュールにも挑戦

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

実はアルコールにやたら弱い私ですが、レモンたっぷりのリキュールであるリモンチェッロには興味津々。

自宅で作る薄~いカクテルなら飲みたいし、お菓子などにも使えますからね!

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

早速、挑戦してみました。

しかしレシピを検索してみるとさまざまな配合のパターンがあり、びっくりするくらいフリーダム。

ということで、まずはこの少量で試すのにちょうどいい配合をはじき出してみました。

もちろん、お好みで調整してくださいね。

■材料
「果実酒の季節 mini」1本
レモン(無農薬のもの)大1個
グラニュー糖     145g
ミネラルウォーター  200ml

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

レモンはよく洗って、皮をむきます。

苦くならないよう、黄色い部分だけを薄く!

ピーラーを使うと便利です。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

むいた皮をホワイトリカーに入れて、3日~1週間。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

レモンの皮の色が抜けて白っぽくなり、ホワイトリカーが黄色になればOK

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

皮を濾してみると、こんなに白っぽく色が抜けてます。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

鍋に分量のグラニュー糖と水を入れて火にかけます。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

砂糖が溶けたら冷まして、シロップのできあがり。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

シロップを濾した黄色いリカーに加えます。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

しっかりフタをしてよく降って混ぜたら、さらに1週間くらい置いてできあがり!

ラベルも用意されてます

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

公式サイトには、テイストの異なる数パターンのラベルも用意されてます。

大きいボトル用のもありますが、小さいものを用意。

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

プリントアウトして、切り抜いて日付などを書き込んで貼ったら……

宝焼酎35度ホワイトタカラ「果実酒の季節」

ほら、いい感じ!

このアイテムは少量で楽しめるので、いろいろな果実酒をちょっとずつ何種類も!なんてわがままも叶いますよ~。

※不適切な表現があり、2020年7月6日(月)11時20分に一部修正を致しました。読者の皆様に深くお詫び申し上げます(ROOMIE編集部)。

宝酒造「果実酒の季節 mini」

宝酒造 公式オンラインショップ 「果実酒の季節 mini」

あわせて読みたい:


Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking