浅田 よわ美

浅田 よわ美

5

日焼けが気になる季節。朝起きたら、日焼け止めを塗るのがルーティンになりつつある最近です。

とはいえ塗ったあとの乾燥が気になる、落とすのが大変、ムラになったり白浮きするといった、ストレスを感じることも多いんですよね。

素肌でいるより肌にいい日焼け止め

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

花王「ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス」

そこで今回新たに購入したのが、花王の「ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス」。

ビオレのUVシリーズの中でも特に人気だという噂を聞き興味を惹かれ、試してみることに。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

パッケージには「素肌でいるより肌にいい」とあり、驚き。果たして使用感はどんな感じなのか……?

乾燥を防いでなめらかな仕上がりに

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスを手に塗ったイメージ

SPF50+で、PA++++。ぷるぷるのウォーターカプセルが配合されていて、お肌の乾燥を防いでくれるのだとか。

また、ヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス・BGなどの保湿成分も配合されているとのこと。

試しに顔全体に塗ってみたところ、化粧水と乳液を塗ったあとのような潤いを感じました。指で押すとモチモチとした触感が。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスを手に塗ったイメージ

塗ったと同時に肌にスッとなじんで、上からファンデーションを重ねても浮かず、なめらかな仕上がりに。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

日焼け止め自体は真っ白ではなく、ほんのり黄色い色味。

白浮きを防ぎつつ、肌にナチュラルな透明感を与えてくれる印象です。

水みたいに軽い塗り心地

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとアスリズム スキンプロテクトエッセンスを比較

一番驚いたのは、塗り心地があまりに軽かったこと。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとアスリズム スキンプロテクトエッセンスを比較

もともと使っていた、ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンスと塗り比べてみたところ、全然ちがう!

日焼け止め=塗った感があるものだと思っていましたが、ビオレUVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプは伸ばすと水のようにスーッとなじみ、本当に日焼け止め塗ったっけ?と思うほどの軽さ

潤ってる感はあるのに、触れるとサラサラな新体験。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとアスリズム スキンプロテクトエッセンスを比較

たっぷり何度重ねても塗り心地はに変化はなく、日焼け止めにありがちな白浮きもなし。

これは他の日焼け止めを使えなくなってしまいそうです……!

石鹸で簡単オフできる

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスのウォータープルーフ効果

これからの季節にうれしいスーパーウォータープルーフタイプなので汗や水にも強いそう。

試しにシャワーを強めに数分間当ててみましたが、たしかに水分を弾いてる……!

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスのウォータープルーフ効果

ウォータープルーフタイプはクレンジングでしっかり落とさないといけないイメージがありましたが、石けんでカンタンに落とせるのも◎。

石けんでササっと洗ったあとにもう一度シャワーを当ててみると、水を弾かなくなりました。

これなら全身にしっかり塗っても、夜のお風呂が億劫にならなそう。落としきれないことによる肌荒れも防げそうです。

塗りムラ防ぐ世界初の処方

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスを手に塗ったイメージ

さらに、世界初のMicro Defense処方により、ミクロレベルのスキマまで塗りムラを防いでくれるのだとか。

専門的なことはわからないながら、今まで感じたことのない密着感・吸着感を感じたので、たしかに塗りムラは軽減されているのかも……?

スプレータイプの日焼け止め

いままで自分で塗りにくい首裏などは、塗りムラ防止に日焼け止めの上からUVスプレーをかけていたので、これ1本で済むならうれしいなぁ。

化粧下地としても◎

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとエリクシール ルフレのバランシング おしろいミルクを比較

体用にはもちろん、化粧下地として使うのもOK。

いつも下地として使っているエリクシール ルフレの「バランシング おしろいミルク」と比べるとカバー力はありませんが、その分保湿はされているように感じました。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとエリクシール ルフレのバランシング おしろいミルクを比較

カバー力よりも潤いを重視するなら、夏の下地をこれに置き換えてもいいかも。

ただコスメ独特の香りがするので、顔に使う場合は注意。無臭ではないです。

ほんのりトーンアップするジェルタイプもあるよ

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとウォータリージェルを比較

また、同じシリーズでジェルタイプもあります。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとウォータリージェルを比較

塗り比べてみたところ、よりナチュラルに透明感ある肌に仕上がるのはエッセンスタイプ。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとウォータリージェルを比較

艶がプラスされてほんのり白くトーンアップするのはジェルタイプかなと思いました。

ただし、ジェルタイプの場合は何度も塗り重ねると白浮きするかも。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスとウォータリージェルを比較

どちらも軽い塗り心地ではあったので、仕上がりのイメージで好みが分かれそう。

夏場はクールタイプもいいな

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスのクールタイプ

ちなみに、薬局で数量限定の「ひんやり気持ちいい クールタイプ」も発見。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンスのクールタイプを手に塗ったイメージ

せっかくなので使ってみた結果、使用感はほぼ変わりなし。塗ると、ほんのりスーッとします

真夏など気温の高い日は、こっちを使うと気持ちよさそう。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

いろいろ試してみて、人気の理由を実感。日焼け止めにありがちなストレスが軽減されて、むしろ素肌でいるより肌にいいなんて、日焼け止め界の革命児なのでは。

個人的には、今年の体用日焼け止めはこれ一択だなと感じた逸品でした。

Amazonだと通常サイズの1.7倍の85gが購入できるので、たっぷり使いたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス[花王]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking