肩こりの女性

パソコンやスマホの見すぎで、首まわりがカチコチに固まりやすい現代人。放っておくとパソコン作業がつらくなるだけでなく、顔がむくんで大きく見える原因にもなります。簡単な「首ストレッチ」で首まわりをほぐしていきましょう。

首こりと顔のむくみの原因は同じ

オンライン会議

テレワークでオンライン会議が増えた今日この頃。画面に映る自分の顔がむくんで見えて、ショックを受けたことはありませんか?

じつはこのむくみ、首まわりの血流が悪くなることで起こりやすくなるとのこと。首まわりの血流をよくすれば、首こり・肩こりがやわらぐだけでなく、顔のむくみもとれてすっきりしてくるといいます。

簡単! 「首ストレッチ」のやり方

stretch_1
「Diet Plus」より引用
stretch_2
「Diet Plus」より引用
  1. 楽な姿勢で座る。
  2. 右手で頭をかかえるようにして、上から頭の左側に手を添える。
  3. 右側に頭を倒し、同時に左の肩を下げる。
  4. ゆっくりと呼吸しながら、このポーズをキープする。

逆側も同様に行い、左右で2回ずつやることを目安にしましょう。

(「Diet Plus」より引用)

首を痛めないための2つのポイント

首コリ

いたってシンプルな「首ストレッチ」ですが、首は人間の急所でもあり、無理な動きは禁物。次の2つのポイントに気をつけて行ってみてください。

1.動作の目安は「10秒かけてゆっくりと」

首を倒すときは、一気に倒すと筋肉を痛める可能性があるので、ゆっくりとやります。手の力で倒すのではなく首の力で倒し、手は添えるだけにしましょう。

(「Diet Plus」より引用)

首と肩を離すようなイメージで肩をゆっくりと下ろしていくと、気持ちよく“こり”がほぐれるようです。

2.呼吸を意識

首を倒すときは、ゆっくりと息を吐きながら。首を倒した状態をキープするときは、「息を止めないようにゆっくりと呼吸(「Diet Plus」より引用)」し続けることが大切です。

毎日続けることで効果が出てくる「首ストレッチ」。テレビや動画を見ている時間に行うなど、生活のリズムにうまく組み込んでいきましょう。

簡単トレーニングでスタイルアップ!

Diet Plus

Ranking