門岡 明弥

門岡 明弥

5

ついに明日からはじまる、プラスチック製のレジ袋有料化。

7月に向けてエコバッグを新調しようとしていた方はきっと多いはず。かく言う僕も、そのひとりです。

毎日使うからこそ、なるべくタフな方がいい。毎日使うからこそ、できるだけ携帯しやすい方がいい。

エコバッグに求める機能性は人によってさまざまですが、もしかしたら今回紹介するエコバッグの中からみなさんの生活に合ったものが見つかるかもしれませんよ。

引っ張るだけでコンパクトになるエコバッグ

Shupatto

こちらは「シュパット」というエコバッグシリーズのひとつ。

畳むとコンパクトな手の平サイズになるエコバッグです。

Shupatto

コンパクトバッグのMサイズは、幅30cm×高さ32cm。パソコンも余裕で入るほどの大容量!

独特なドレープや折り目のプリーツが効いた見た目のおかげで、いわゆるエコバッグ感がそこまでありません。

カラーやデザイン展開も豊富なうえに、ショルダータイプやリュックタイプもあるみたいです。

詳しくはコチラ↓

シュパットの保冷タイプ

Shupatto 保冷タイプ

こちらはさきほど紹介した「シュパット」の保冷タイプ。

かさばりがちな保冷バッグでもこんなにスッキリたためるんです。

Shupatto 保冷タイプ

Mサイズでも2Lのペットボトルが4本も入るサイズ感!

通常の「シュパット」よりは若干重さがありますが、食品の持ち歩きが心配になるこの時期の心強い味方となってくれます。

詳しくはコチラ↓

ポケットに忍ばせたいエコバッグ

MOTTERU

ハンカチサイズのエコバッグ、「MOTTERU」。

折りたたまれた姿はハンカチほどの薄さで、ポケットに入れていても存在感なし。

MOTTERU

小型なエコバッグでありながら、マチはしっかり14cm。

一気にたくさん買うときよりも、コンビニでちょっと買い物したいときにピッタリなサイズ感です。

MOTTERU

プリーツ加工がされているため、使用した後もスムーズに元のスリムな姿に戻ってくれます。

サっとまた元のポケットへ戻せるので、忘れる心配もなくなるのが地味に嬉しいポイント。

詳しくはコチラ↓

THE NORTH FACEのエコバッグ

THE NORTH FACEの「フライウェイトトート」

THE NORTH FACEの「フライウェイトトート」はポケッタブル仕様になっていて、使わないときにはとっても小さくなります。

THE NORTH FACEの「フライウェイトトート」

ちなみにiPhone11と並べてみてもこの小ささ。

重さは公式サイトには120gとありますが実際に測ってみると約105gほどで、作りはしっかりしているのにとっても軽いんです。

THE NORTH FACEの「フライウェイトトート」

このエコバッグ、26Lのキャパがあるのでスーパーでも十分に活躍してくれます。

数日分の買い物を一度で済ませたい人にはとてもオススメ。

詳しくはコチラ↓

アウトドアスペックな快適エコバッグ

GRANITE GEARのエコバッグ

アウトドア好きな方なら一度は見かけたことがあるGRANITE GEAR(グラナイトギア)は革新的なアウトドアギアを開発することを目的としたブランド。

そんなGRANITE GEARのエコバッグは、畳んだ状態だと手に収まるサイズとなっています。

GRANITE GEARのエコバッグ

本体の素材は30デニールのシルナイロン、リップストップ・ナイロンにシリコンで両面コーティングをしたもの。

テントやザックにも使われる素材で、防水性が高く、引き裂きにも強いことが特徴なんです。

GRANITE GEARのエコバッグ

容量は約30L・耐荷重は約15kg、ガシガシ使っても長い間活躍してくれます。

今回紹介したエコバッグはコンパクトで使いやすいものから、保冷タイプ、そしてアウトドアスペックのエコバッグでした。

明日からのレジ袋有料化、見方を少し変えると自分好みのエコバッグと出会えるいいキッカケとも言えそうです。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。 https://note.com/music_lab

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking