SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

25

今年の夏は、マスクをつけているシーンが多くなりそう。

いつもよりしっかり暑さ対策をするために、無印良品から新発売された「ハンディ扇風機」を試してみました。

超コンパクトなハンディファン

無印良品の充電式ハンディファン

無印良品「充電式ハンディファン」1,290円(税込)

無印良品から5月末に新しく登場した「充電式ハンディファン」は、バッテリーを内蔵した携帯扇風機。

大きさは横8.5×縦15.7cm、厚さは1.5cm、重量は約75g。小さい・薄い・軽いという持ち運びにぴったりの三拍子がそろっています。

無印良品の充電式ハンディファン

持ち運び用の扇風機ってなんだかんだ荷物になりそうなイメージがありましたが、これなら身軽に持ち運べるのがGood。

負担にならずどこでも涼がとれる

無印良品の充電式ハンディファンを手に持って使うイメージ

どのくらい軽いのかというと、iPhone11の半分以下ほど。手に持って使用しても、まったく疲れ知らずです。

無印良品の充電式ハンディファンを首から下げて使うイメージ

付属のストラップをつけ、首からぶら下げて使用してもOK!

角度を自由に調節できますし、超軽量のおかげで首が凝らず、ぶら下げたまま長時間歩けちゃいます。

デスクに置いて使っても◎

無印良品の充電式ハンディファンをデスクファンとして使うイメージ

また、卓上に置いてデスクファンとしても活躍。

無印良品の充電式ハンディファンの底面

付属の滑り止めを本体に貼り付けることで振動を抑えることができ、音もほとんど気になりません

無印良品の充電式ハンディファンをデスクファンとして使うイメージ

冷房があまり効いていない場所でも、これがあるだけで快適に過ごせるので重宝しています。

最大6時間、連続使用できる

無印良品の充電式ハンディファンの充電

充電はマイクロUSBケーブルを使用し、パソコン、アダプター、モバイルバッテリーなどから繋ぐことが可能。

約2時間程度でフル充電ができるので、気づいたときにサッと短時間で充電できるのが助かりますね。

無印良品の充電式ハンディファンのボタン

本体中央のボタンでON/OFF/風量を調節

風量は弱・中・強の3段階があり、弱で約6時間、中で約2時間、強で約1時間使うことができるそう。

小型ながらも、バッテリーの持ちも悪くない印象。普段のお出かけなら十分なのではないでしょうか。

充電しながらの使用はNG

無印良品の充電式ハンディファン

説明書によると、充電しながらの使用は不可とのこと。

家や職場でもガッツリ使おうと思っていたので、これはちょっと予想外でした。ということで、据え置き型の扇風機も購入することに。

ハイパワーでも静かなデスクファン

無印良品のUSBデスクファン

無印良品「USBデスクファン」2,490円(税込)

こちらは同じく無印良品の「USBデスクファン」。

バッテリーを内蔵せず、USBから常時給電が必要なタイプですが、その分しっかり風量が出せる据え置き型のデスクファンです。

無印良品のUSBデスクファンのつまみ

風量は弱・強の二段階。片手で調節できるので、つまみタイプはありがたい!

無印良品のUSBデスクファンの角度を変えるイメージ

首の角度も自由自在です。

無印良品のUSBデスクファン

新設計の羽根を採用しているそうで、パワフルなのとは対照的に低騒音

2週間ほど職場で使っていますが、こちらも音はほとんど気になりませんでした。

2台を比較してみると…

無印良品の充電式ハンディファンとUSBデスクファン

並べてみると、USBデスクファンがかなり大きく見えますね。

ただ、デスクに置いて邪魔になるほどではなく、むしろ据え置き型としてはちょうどいいくらいかも。

無印良品の充電式ハンディファンとUSBデスクファン

風量は、USBデスクファンの弱が充電式ハンディファンの強と同じぐらい。

USBデスクファンには、もう少し弱い設定もほしいところですが、少し距離をとって置けばいい感じになりました。

シーンに合わせて使い分けるのがベター

無印良品の充電式ハンディファンとUSBデスクファン

比較してみると、正直どちらも魅力的。

個人的には、充電式ハンディファンにはバッテリーの寿命があるので、持ち運び用と据え置き用で使い分けるのがベターかなと感じました。

無印良品の充電式ハンディファン

今年の夏のマストアイテムになってくれそうな無印良品の扇風機。

暑い夏を乗り切る準備、そろそろ始めてみてはいかがでしょうか。

充電式ハンディファン[無印良品]
USBデスクファン[無印良品]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

荷物は最小限に。肩の力を抜いて、足取り軽く爽やかに街中を歩きたい。そんな「ちょうどいい」スタイルをご紹介。思い切って身軽にすれば、ほら、いつもの景色も違って見えてくるかも!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking