松野 栞

松野 栞

15

夏のように暑い日もあれば、急に肌寒くなる日もあり、気温が定まらない最近。

梅雨に入ったことで、急に雨が降ってくることも増えました。

そこでおすすめなのが、ワークマンの「撥水コート」なんです。

持ち運び便利な軽量コート

ワークマン 耐久撥水スプリングベンチコート 2,900円(税込)

3,000円以下の手頃価格で購入できるこのコートは、ポリエステル100%

ポリエステルといえば、軽くて丈夫なことからアウトドアウェアにもよく使用される素材ですよね。

腕を通すと「えっ、こんなに軽いの?」と驚いてしまうほどの着心地。

クルクルと丸めてカバンの中に忍ばせておけば、ちょっと肌寒くなったときにサッと取り出して羽織れるので便利です。

小さく丸めてもシワにならないのが魅力。

撥水素材で小雨に対応

防水ではないですが、撥水なので小雨程度の雨ならレインコートのように弾いてくれます。

50回洗濯後にも、しっかり水を弾くという驚異の撥水性が特徴。

丈が長く、腰回り付近まで雨から守ってくれるのも◎。

ポリエステルの特性上、湿気によるカビなどに耐性があり、速乾性もあるので、多少濡れても気にせずガシガシ着回しています。

フードと首元のファスナ―でしっかり雨風対策

フードを紐でぎゅっと絞れば、顔まわりにフィットさせることができるので、雨風を防ぐ効果が高まります。

首元が、ファスナーをした上でボタンも留める2段階仕様になっているのもポイント。

雨はもちろん風が強い日にも、首まわりに風が当たらないだけで寒さが全然違います。

身軽に出かけられるポケット付き

左右の腰部分に、ポケットがついています。ボタンで留めることができるので、財布やスマートフォンなどもうっかり落とす心配がありませんね。

少し肌寒い日に近所に買い出しへ行くときは、このコートを羽織るだけで手ぶらで出かけられるので重宝してます。

耐久撥水など機能面が充実しているワークマンの「耐久撥水スプリングベンチコート」

今の時期はもちろん、秋口や来年の春など、幅広いシーズンにマルチに活躍してくれそうな一枚です。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

ワークマン 耐久撥水スプリングベンチコート

あわせて読みたい:

松野 栞

千葉県出身で岐阜県の郡上八幡へ移住中。趣味は写真と料理とアイドル鑑賞(ハロプロ全般)。暮らしの道具やアウトドアを中心に発信します。「生活に彩りを」がメインコンセプト。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking