ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

7

年中おうちで楽しめる飲み物といえば、最初に思い浮かべるのは“コーヒー”だという人はどれくらいいるでしょうか?

ホットコーヒーやアイスコーヒーをお店のように楽しめるアイテムも、最近ではかなり増えてきましたよね。

今回は、そんな数多くあるコーヒーグッズの中からこれまでにROOMIEが紹介してきたアイテムをピックアップしてきました。

DAISOのダブルウォール構造のステンレスマグカップ

DAISO ふた付ステンレスマグカップ


DAISO 「ふた付ステンレスマグカップ 200円(税別)

こちらはDAISOの「ふた付ステンレスマグカップ」

約240ml入るサイズなので、そこまで大きくはありません。

むしろ普段使いに適しているサイズ感ですね。

DAISO ふた付ステンレスマグカップ

このマグカップ、200円なのに「ダブルウォール構造」で作られているところがポイント。

熱いものは冷めにくく、冷たいものはぬるくなりにくいんです!

DAISO ふた付ステンレスマグカップにアイスコーヒー+氷を入れた

アイスコーヒー+氷でどれくらい保冷効果があるか検証してみると、1時間経っても氷が残っているほど。

若干薄まってきてはいるけれど、アイスコーヒーとしては許容範囲内です。

その後飲んでみたところ、市販のアイスコーヒーなら2~3時間はおいしく飲めました。

DAISO ふた付ステンレスマグカップをデスクに置いて作業する

DAISOで入手できるステンレスマグカップは、お値段以上の機能です。

もちろん冬は保温アイテムとしても使えるので、オールシーズン大活躍するアイテムとして重宝しそうです。

詳しくはコチラ↓

コレがあると浅いカップでもドリップバッグが浸からないよ

AUXのコーヒードリップバッグホルダー

AUX「コーヒードリップバッグホルダー」1,600円(税別)

AUXの「コーヒードリップバッグホルダー」は、わずか16gの針金でできたアイデア商品。

ドリップバッグが浸ってしまうイメージ

浅いカップだと、こんな風に浸かってしまったことありませんか?

これだとコーヒー豆の雑味が出てしまって、せっかくの一杯が残念なことになってしまうんですよね。

AUXのコーヒードリップバッグホルダー
コーヒードリップバッグホルダーはカップの上に置いて、ドリップバッグを引っ掛けると、ドリップバッグが浸かってしまうことなく、おいしいコーヒーをドリップすることが可能に。

いままでは無駄に大きいカップを使用していましたが、これがあれば好きなカップで飲めます。

AUXのコーヒードリップバッグホルダー

また、ドリップバッグが浸かってしまうと、注いでいる量がわかりにくいという問題も。

そんなときもコーヒードリップバッグホルダーを使えば、量を確認しながら注ぐこともできるので、分量のミスが激減しますよ。

詳しくはコチラ↓

エアロプレスで一味違うコーヒーにチャレンジ

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー 6,890円(税込)

2005年に発売されたツールです。

空気圧を利用して素早く濾過するため、スッキリとしたコーヒーが味わえます

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

エアロプレスでコーヒーを抽出する際の必需品はストップウォッチとスケール

コーヒー豆は極細挽きがオススメです。

抽出に使うお湯の温度は90〜95度で、300cc程準備して始めます。

1分30秒の作業工程を集中して丁寧に作っていきます。

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

この方式だとコーヒーオイルもしっかり抽出されるとありますが、その程度の差ではありません。

ペーパードリップで入れたときと、同じコーヒーとは思えない程の差が出ます。

もちろん嗜好品なので好みの問題ではあるのですが、豆の奥に隠れていたフレーバーが出てくる感じです

抽出後の後片付けは少し手間なので、毎朝はちょっと厳しいですが、時間的に余裕がある時のイベントとして楽しんで使う存在です。

少し工夫すると極上のアイスコーヒーも作れますよ、みなさんもエアロプレスを楽しんでみませんか。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking