はなむらあや

はなむらあや

1

布団やラグ、季節物のアイテムなど、案外悩むのがシーズンオフの収納。

使わないのにかさばるアイテムだから、置き場所を決めていないとなかなか片付かない、なんて人もいるのでは?

そんな時に使えるのが、IKEAの「SKUBB(スックブ)」シリーズ

SKUBBは、だれでも簡単に、コンパクトで美しくスマートに収納できる超優秀アイテムなんです!

IKEAで人気の収納アイテム

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケースとボックス

(写真左から)IKEA 「SKUBB スクッブ 収納ケース」 999円(税込)、「SKUBB スクッブ ボックス」 1,799円(税込)/3ピース

IKEAの収納アイテムの中でも高い人気を誇る、SKUBB。並んでいるだけで様になるシンプルな見た目と、布団まで入るバツグンの収納力が魅力です。

ワードローブの収納用に作られているから、クローゼットや押入れなどにぴったりのサイズ感もうれしいポイント。

種類やサイズ展開も豊富ですが、今回は、わが家で大活躍している2つのタイプのSKUBB収納をご紹介します。

布団やカーペットなどの大物には「収納ケース」がオススメ

特徴1:大容量の収納力

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

羽毛布団や毛布、カーペットなど、季節に合わせて衣替えしたいかさばるアイテムは、収納ケース(44x55x19cm)を使えばすっきり。

こんなにかさばる羽毛布団や毛布2枚、約200×250cmのカーペットも……

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

収納ケースに入れてジッパーをしめるだけですっぽり!

芯材が入ったしっかりとしたつくりながらも、再生ポリエステルでできた柔らかな素材なので、思ったよりもたっぷり入ります。

特徴2:軽くて湿気もこもりにくい

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

0.64kgと軽量なので、扱いやすさも◎。

コーナーがネットになっていて通気性も確保されているから湿気がこもる心配もなく、布団類も安心して収納できます。

特徴3:クローゼットの中でもかさばらない

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

収納ケースは重ねられるので、わが家ではクローゼットの枕棚に上下2段で収納しています。

取っ手付きだから、上段に置いていても出し入れがスムーズ。

そのまま布団を置いておくより、見た目も使いやすさも格段にアップしました!

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

こんな風に立てて収納もできますよ。

ちなみに、シーズンオフのものをしまう収納アイテムは、かさばりがちな冬物に合わせたサイズを購入しています。

わが家では1番小さいサイズを使っていますが、幅が69cm・93cmの大きめサイズもありますよ。

「ボックス」タイプでこまごましたアイテムをまとめるコツ

コツ1:仕切りの活用でごちゃつかない

IKEAのSKUBB(スクッブ)ボックス

3個入りで販売されているボックス(31x34x33cm)も使い勝手がよく、わが家の至る所で活躍しています。

蓋がないタイプなので、ボックスにはよく使うアイテムを中心に収納。

ストック類や洗濯干しなどの日用品、鞄やおもちゃなどなど、ごちゃつきがちなものとの相性もよく、収納力も抜群です。

IKEAのSKUBB(スクッブ)ボックス

ファイルボックスもぴったり入る大きさなので、分類したい時や立てて収納したいものには、中に仕切りを入れるといいですよ。

おもちゃ収納では、不織布でできたセリアの整理収納仕切りケースを入れて分類しています。

コツ2:ラベリングしてスッキリ

IKEAのSKUBB(スクッブ)ボックス

ちなみにSKUBBにはラベルを付けるところがないので、ラベリングしたい場所には、宮成製作所のラベルプレートを貼り付けています

ボックスに入れる中身が変わったら、プレートはそのままにラベルを入れ替えるだけでOK!

今はおもちゃを収納しているので、子どもが片付けやすいように、子どもたちが描いた自作のラベルを入れています。

組み立ても簡単! 使わないときには折り畳める

IKEAのSKUBB(スクッブ)ボックス

SKUBBはどのタイプも組み立てが超簡単

使わないときには折り畳めば、こんなにコンパクトになります。

「収納ケース」の組み立て方

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

収納ケースは、ボックスの中に入っている芯材を左右に寄せてマジックテープで止めてから……

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

付属の芯材2枚を底部に入れるだけ。

柔らかな素材なので重すぎるものは入れられないけど、芯材が入っているのでつくりはしっかりしています。

「ボックス」の組み立て方

IKEAのSKUBB(スクッブ)ボックス

ボックスタイプは箱型に広げて、ファスナーを止めて中敷きを倒すだけ。ものの30秒で完成しました!

置き場所に困る、季節物の収納にも便利

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

年に1度しか使わない雛人形や、夏限定のプールなどの季節物を収納する時にも、SKUBBを使っています。

雛人形などは購入した段ボール箱のまま収納するとかさばるけど、SKUBBに入れ替えるとこんなにすっきり。

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

膨らませるタイプのプールも、ボックスにすっぽり入りました。

雛人形はクローゼットの枕棚に、プールはウォークインクローゼットに置いています。

揃えて収納すると、それだけで美しい

IKEAのSKUBB(スクッブ)収納ケース

収納力はもちろんのこと、シンプルで無駄のないデザインも、SKUBBが人気の秘密。並べて収納しておくだけで、スタイリッシュな印象に格上げしてくれます。

わが家では、ウォークインクローゼットや、リビングの収納棚、子ども部屋などでボックスを揃えて使用。

家中の収納の悩みを解決してくれるSKUBBシリーズ。色は白と黒の2種類で、収納ケースとボックスの他、洋服ケースやシューズボックスなどの種類もあるので、ぜひ活用してみてください。

使用アイテム:
SKUBB スクッブ ボックス[IKEA]
SKUBB スクッブ 収納ケース[IKEA]

あわせて読みたい:


はなむらあや

整理収納アドバイザー、ライター。夫、息子(4歳)、娘(1歳)の4人暮らし。2019年に夫婦で設計した一戸建てが完成したのを機に、収納アイデアや日々の暮らしをSNSで更新するように。 ■インスタグラム@h_aya_home

feature

ファッション小物やアウトドアグッズ、キッチン周りのあれやこれ…。いつだって欲しいものは尽きないから、暮らしのスペースを確保するための“収納術”は、しっかり身につけておきたい。 できるだけ自分らしく暮らしをカスタマイズするための、ROOMIEライターたちの一工夫をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking