ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

22

本日6月19日(金)に発売されたユニクロの「エアリズムマスク」

情報がリリースされたときからネットを中心に大きな話題となっていたアイテムです。

今回、編集部の1名がMサイズを購入することに成功。そのデザインや装着感などをお伝えします。

早朝から並び、なんとかゲットできたMサイズの整理券

無事に手に入れました

ユニクロ「エアリズムマスク」3枚組990円(税抜)

スタッフのアナウンスに従うかたちで入店し、無事「エアリズムマスク」をゲット。

パッケージは、外側が紙素材、内側はポリエチレンフィルムと少しだけ特別感のあるものに。

開けてみた見た目と、触り心地

ドキドキしながら、いざ開封! 中に収まっている3枚の「エアリズムマスク」を取り出します。

見た感じ、思っていたより分厚いというのが第一印象です。

内側には「AIRism」のロゴが

表地を触ってみると、「あれ、どこがエアリズムなんだ?」と思ってしまいましたが、エアリズム素材が使われているのは内側でした。

表地は、目の細かいメッシュ素材が使われているようです。

エアリズム特有の伸縮性はマスクにもあるのか?と引っ張ってみると、意外と伸びません。

ですが、その分かなり丈夫なつくりになっていると思います。

外側

内側

外側と内側を別々で引っ張ってみると、ここはめちゃくちゃ伸びました。

この表地と裏地の間には高性能フィルターが挟まれているので、飛沫拡散や花粉等の侵入を防ぐ、マスクとしての役割にも期待できそうです。

マスクの他には、品質基準を満たしていることを証明する用紙も封入されていました

Mサイズの使用感

肝心なのは装着感。早速つけてみました。

自分の顔のサイズに合うマスクにあまり出会うことができずにいましたが、「エアリズムマスク」は気持ちいいほどのフィット感!

写真で見ると少し大きいように見えますが、私の低めの鼻でもしっかり密着してくれています。

顎下は少し余りがありますが、内側では顎とマスクがしっかりフィットしています。

エアリズム特有のサラサラとした素材がとても気持ちよく、装着しながらこの記事を執筆していても、あまり窮屈な感じがありません。

確かにこれなら、オールシーズン使っていけそう

マスクのストレスひとつ、「耳の痛み」はというと、3時間くらい装着している現時点ではそれほど感じません。

全く同じものではないと思うのですが、分かりやすいように「エアリズムインナー(キャミソール)」の肩紐部分と並べてみました

太さと伸縮性のイメージはまさにこんな感じ。

恐らく、1日中装着していても無痛、とまではいかないと思いますが、何度も洗って使うことを考えれば、この紐は丈夫な方が有り難いです。

女性ならではの「マスクにメイクが付いてしまう問題」は避けられませんが、エアリズムマスクは「洗えるマスク」なのが強み

中性洗剤を使って、手洗いではなく、洗濯機で洗えるというのはうれしいポイント。毎日使うを考えると、細かい手間をかけずにお手入れできるのは◎ですね。

さすがエアリズムだった

販売前からなにかと話題になっていた、ユニクロの「エアリズムマスク」。

ネットストアもアクセスしづらい状況が続き、写真を見ることも実物をみることも今は難しいかもしれません。

ですがスタッフの方いわく、これからも継続的な入荷予定はあるとのことなので、転売等には手を出さずに、入手の機会を無理なく伺ってみてくださいね。

最後に、ユニクロ、ありがとう!

エアリズムマスク[ユニクロ]

あわせて読みたい;


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking