Tevaの「HURRICANE DRIFT」

ハナサキヒロキ

ハナサキヒロキ

11

Tevaと言えば、サンダル。サンダルと言えばTeva。

そのくらい、夏の風物詩とも言える存在のTevaですが、さまざまなデザインや機能を搭載したサンダルをラインナップし、一夏を最高に楽しい時間にしてくれます。

そんなTevaから雨の日もガシガシ履きたくなるサンダルを見つけました。

Tevaならではのフォルム。でもよく見ると……

芝生に置かれた「HURRICANE DRIF」

「HURRICANE DRIFT」5280円(税込)

パッと見、Tevaのアイコン的モデル「HURRICANE XLT」ですが、よーく見ると、なんか違います。

Tevaの「HURRICANE DRIFT」

それもそのはず、こちらは「HURRICANE DRIFT」で、これまでとは違い、ストラップとソールの継ぎ目がないシームレスなデザイン

シームレスなデザインの「HURRICANE DRIFT」

本来は継ぎ目があるだろう部分は、フェイク仕様になっているなど、細かい部分にもこだわり抜いて「HURRICANE XLT」を再現しました。

Tevaの「HURRICANE DRIFT」

かかと部分には、ブランドロゴがさり気なく刻印されています。

こういった部分は、Tevaファンならずとも思わず唸ってしまいますね。

掴みはOKのあとは、雨天で元気よく履きたい作り

雨天でも履きたい「HURRICANE DRIFT」

シームレスなデザインだけがDRIFTの特徴ではありません。

ボディ全体に超軽量なEVA素材を使用しているため、軽量化にも成功。実に184g(片足27cm)という重さは、水に浮かぶほどです。

また、弾力性もあるため、履いていてもストレスをまったく感じません。ほどよい柔らかさも確保し、靴擦れなどのリスクがないのも、素足で履くからこそうれしい配慮です。

雨天でも履きたい「HURRICANE DRIFT」

梅雨入りしたこの時期なら、あえてレインシューズを選ばず、素足で濡れた道をバシャバシャと歩きたいところ。それを叶えてくれるのが「HURRICANE DRIFT」と言えます。

子どもの頃に、雨の日だと長靴で水たまりにあえて突っ込んでいた時のように、雨で濡れた道を気にせずに歩けます。それは、サッと拭くだけで乾きやすいEVA素材のもうひとつの特徴があるからこそ。

だから「雨で外に出て歩くのも憂鬱だなぁ……」なんて、ネガティブなマインドも一掃してくれるどころか、むしろ雨の中を歩くのが楽しくなるかもしれません。

水に強くすぐに乾くなら、別の使い道もありそうだ

洗車時にも履ける「HURRICANE DRIFT」

雨の日にも気にせずにガシガシ履けるということで、ぼくの場合は、洗車時にも活用しています。

洗車時にスニーカーだと、濡れてしまいますし、長靴だと夏は特に蒸れて暑く、とにかく不快。消去法でビーサンを選択していましたが、脱げやすく、特に脚立に登った時は心許なかったんです。

そんな中で見つけた「HURRICANE DRIFT」は、夏の洗車にうってつけでした。

ファスナーで脱着可能な「HURRICANE DRIFT」

足首のストラップは面ファスナーで脱着可能なので、フィット感抜群のため、脱げる心配もこれで解消。

乾くのも早いので、手洗い後、車についている水分を拭き取っている間に乾きます。

横から見た「HURRICANE DRIFT」

凹凸のあるソールはグリップ力があり、キャンプシーンや川遊び、海水浴でも活躍しそう。

幅広い色を展開する「HURRICANE DRIFT」

カラーは全5色展開。メンズ、レディスの共通カラーは上記写真の4色で、右上のSunflowerと左下のFire Redが新色。

加えてレディスは、下記写真左のWaterfallも新色として登場しました。メンズはほかにEclipse(下の写真右)を用意。

レディースでは新色も登場した「HURRICANE DRIFT」

価格も安いため、1足どころか数色揃えて、梅雨を乗り切って、思い切りこの夏も楽しみたい!

雨が続く憂鬱な日々を、足元からポジティブに変えてくれそうな、実に頼もしい1足にぜひ足を通してみて。

HURRICANE DRIFT[Teva]

あわせて読みたい:

ハナサキヒロキ

ハナサキヒロキ

サッカー、ランニング、読書、お酒、買い物など、好きなことやりたいことが多すぎて、時に何もできなくなっちゃうことも。「人生、楽しんだ者勝ち」をモットーに、オンオフ関わらずおもしろそうなことを探しては日々を楽しんでます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking