ケーブルのごちゃつきをスッキリしてくれるTEGIC0.3の4in1ケーブル

谷田貝

谷田貝

2

わたしたちの身の回りにあるガジェットって、当たり前ですが充電が必要ですよね。

スマホにタブレット、PCなど、気がつけば家のそこら中がケーブルだらけで、なにがなんだか分からなくなることもあるんじゃないでしょうか。

万能すぎるし、これさえあれば無敵だな

TEGIC 3.0の4in1ケーブル

このケーブル「TEGIC 3.0」を使えば、そんなケーブルの山をひとつにまとめることができるんです。

使用パターンは4種類。最新のMacBookなどで使われているType-C to Type-Cのケーブルをベースに、両端に取り付けられたUSBとLightningのコネクタを組み合わせて使うことができます。

具体的にどんな場面で使えるのかご紹介していきます。

Type-C to Lightning

1つ目のパターンは「Type-C to Lightning」です。

TEGIC 3.0をType-C to Lightningで使用した場合

最新のiPadやMacBookとiPhoneを接続してデータ転送をすることができます。

このタイプのケーブルは、MacBookやiPhoneを購入する際に付属されていないので、持っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

USB to Type-C

2つ目は、Androidスマホなどの充電で使用することができる「USB to Type-C」のパターンです。

TEGIC 3.0をUSB to Type-Cで使用した場合

任天堂Switchなどの充電にも使用できるのがポイントですね。

USB to Lightning

3パターン目は、通常のiPhoneの充電やデスクトップとiPhoneの接続に使える「USB to Lightning」です。

TEGIC0.3をUSB to Lightningで使用した場合

iPhoneユーザーにとっては一番馴染みのあるケーブルだと思うので、出かける際もこれだけは持っておきたいという方も多いのではないでしょうか。

Type-C to Type-C

そして最後は、「Type-C to Type-C」のパターンです。

TEGIC0.3をType-C to Type-Cで使用した場合

MacBookやiPadなどの最新のデジタルデバイスの充電やデータ転送方式で、AndroidスマホとMacBookやiPadを繋ぐことも可能です。

これだけたくさんの場面で使うことができれば、家にあるほとんどのケーブルは必要なくなりそうです!

あっという間にiPhoneが充電できる

急速充電対応のTEGIC0.3

このケーブルのさらにうれしいポイントは 、iPhone PD急速充電に対応していること!

約30分で最大 50%まで再充電できるので、うっかり充電し忘れてしまったときの救世主になってくれること間違いなしです。

断線しづらいのがうれしい

断線しない頑丈な作りのTEGIC0.3

接続ポートとケーブルが耐衝撃性の高い亜鉛合金で作られているため、断線に強く、耐久性にも優れています。

のTEGIC0.3は絡まりにくい

また、平たいケーブルの表面がPVCナイロン編みで覆われているので、絡まりにくくノンストレス!

高機能かつ、デザインもシンプルでスタイリッシュだから、人の好みを選ばずに大活躍してくれそうですね。

TEGIC 3.0[machi-ya]

谷田貝

ROOMIE編集部。音楽はヒップホップが好きです。食べ物はカレーが好きです。ずっと夏がいいです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking