むく太郎

2

ジメッとした空気、いよいよ梅雨入り。

上半身を中心に、防水のジャケットや傘によって雨対策をするものですが、どうしても足元は濡れてしまいます。

急な大雨に見舞われれた時、小さい折りたたみ傘しか持っていないのに、なぜかお気に入りの靴を履いていることも……。

ロゴスのこいつが大事なギアを雨から守る

LOGOS「強力防水スプレー」1,050円(税別)

毎日防水性を完備したシューズを履くのも難しいので、私はアウトドアブランドLOGOSから販売されている「強力防水スプレーを使うようにしています。

ウェアやバッグ、シューズに吹きかけることで、予想外の雨から大切な靴やバッグを守ってくれるスグレモノです。

ドームテント1張を賄う大容量

スプレーの内容量は420ml。なんとこれで、ドームテント1張分を賄うことが可能なのだとか。

そう聞くととても大きいサイズを想像してしまいますが、実際は水筒と同じくらいのサイズなので持ち運びもしやすく、出先での使用もOK。

フッ素配合で繊維1本1本を守る

使い方はとてもシンプルで、撥水させたい製品にスプレーを塗布するだけ。20分~30分ほど待てばOKです。

撥水性に富んだフッ素系防水スプレーが、シューズの繊維の1本1本をコーティングして、水を弾く仕組みなのだとか。

スプレー塗布前は撥水性がほとんどなかったシューズ表面に、水の玉が

通気性もある程度保つことができるようで、蒸れやすさが増すということもなさそうです。

注意点として、必ず風通しが良い屋外で使用しましょう。吸い込むと有害ですので、マスクの着用もお忘れなく。

ポーチも撥水仕様に早変わり

登山時のパッキングなどで役立つこのポーチにたっぷりとスプレーを塗布。乾く前はそれだけでぐっしょりしていますね。

ただし、その20分後には……

確かな撥水力をゲット! 大量の水を弾いてくれています。

コーティングされた表面を、滝のように流れ落ちる水滴はもはや見ているだけで面白いくらい。

撥水力を評価する試験において、高い評価を得ているのも納得です。

弾くのは水だけじゃない

水を弾くということは、水分を含んだ汚れにも強いということ。

これからの時期だと、エコバッグの表面などに塗布しておけば、ちょっとした汚れがつきにくくなりますね。

白いシューズやバッグは、飲み物をこぼしただけで致命的にあることもあるので、雨だけでなく汚れ対策と考えるのもアリだと思います。

1,000円ちょっとで梅雨時期の快適度が数ランク上がるよ!

突然のゲリラ豪雨も増えてくるであろうこれからの時期。

バッグやシューズの水濡れを最小限に抑えておきたいなら、事前の準備はしっかりと。

不快な梅雨のシーズンを快適にする“ちょい足しアイテム”をお探しなら、この強力防水スプレーが良いかもしれません。


妻が一軒家でパン屋を開業することをきっかけにDIYを始め、次第にのめり込む。 工具の持ち方も知らない状態から、ハンドメイド家具の販売、店舗改装、什器製作、メディアでの執筆やTV番組の制作協力も行う。 2019年から、登山やキャンプなどアウトドアフィールドでの活動も拡大。 「自作のアウトドアギアでキャンプをもっと楽しく」が最近のテーマ。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking