森野 日菜子

森野 日菜子

6

暑くなってきて、買ってきた生鮮食品がすぐ傷んでしまう……。

捨ててしまうのはもったいないし、余計に家計を圧迫しちゃいますよね。

買ってすぐにパパッと真空保存して、時を止められたらなぁ。

入れるだけの真空パック機

Vacuvita

「Vacuvita」は、現在クラウドファンディングサイト・machi-yaにて支援を募集している、次世代型真空パック機

食品を酸素に触れさせずにしっかり真空密閉してくれるので、通常の5倍も食品を長持ちさせてくれるんだとか!

フタを開けて食品を入れるだけなので、忙しくても気軽に取り入れられそうです。

操作ボタンは1つだけ

Vacuvita

真空パックって操作がめんどくさそうなイメージがありますが、「Vacuvita」はボタンが1つしかないシンプルな設計。

保存したい食品を中に入れてフタを閉めるだけで、中が真空状態になるんです。

Vacuvita

さらには付属のコンテナやコンパクトな保存バッグも、本体とアダプタでつなぐことで真空状態にできるんだそう。

お肉や野菜など、小分けにして真空にしたい食品にはとても便利ですね。

圧力鍋のような時短効果もあるんだ

Vacuvita

真空状態だと食材への下味がすぐに染み込むので、お肉や魚の味付けもパパッとできちゃうのも魅力的。

丸1日漬け込まなければいけないレシピも、たった数時間の漬け込みで満足のいく仕上がりになるそう。

Vacuvita

また、140度まで耐熱性能が備わっているので、そのまま低温調理器に入れることも◎

いちいち容器を変える必要がないので、洗い物は減るし時短にもなるし、いいことばかりです。

入れた食品はスマホで管理

Vacuvita

長く食品を保存できるのはいいけれど、入れたっきり忘れてしまっては意味がないですよね。

「Vacuvita」は無料のアプリがあり、スマホに入れておけば、どのコンテナに何を入れたかを記録しておくことができるんです。

「来月末までにこれを食べよう」と決めて入力しておけば、その日が近づいたらアプリがお知らせしてくれます。

これは冷蔵庫でも欲しい機能かも!

1年で約17万円分もの食費を節約できるんだ

Vacuvita

世界的に、1家族あたり1年間に捨てる食料の金額は17万円ほどになるのだそう。

合計するとこんな金額になるんですね。17万円もあれば、大きな買い物もできます。

そんな食品ロスを減らしてくれるかもしれない「Vacuvita」は、現在クラウドファンディングサイト・machi-yaにて支援を募集中です。

食品ロスを減らすことは、家計にも地球にもやさしい選択。おいしい状態で食品を保てる真空パック機は、この夏の救世主になってくれるかもしれませんね。

Vacuvita[machi-ya]

あわせて読みたい:


森野 日菜子

Freelance Writer / Director. 海と山と旅 。Oregonが好きです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking