ハナサキヒロキ

ハナサキヒロキ

2

ランニングは人生観を変える。

また大げさだな、と総ツッコミされそうですが、誤解を招かずに言うならば、そのくらいの影響があると感じてます。

たとえば、やさしさについて。この時代、人がみんなにやさしくできたら、明るい未来しかないはず。それとランニングがどう関係するのかって?

ランニングをしている方なら、きっとわかってくれるはず(わかって欲しい!)ですが、まずはやさしさに溢れたランニングシューズを紹介してから。

人生観が変わるかは、ランニングシューズが左右する

hoka one oneのカーボンX SPE

hoka one one「CARBON X-SPE」27,500円(税込)

さて、そんな人生観が変わる(かもしれない)ランニングを、少しでも快適にするために、日々あれやこれやとアンテナを張って探していますが、言わずもがなランニングにおいてシューズはとても大切な道具です。

特に私の場合は、普段のコーデにも取り入れられるランシューを求めているので、ランニングのパフォーマンスうんぬんだけでは、選ぶ理由にはなりません。

ファッション性とパフォーマンスの高さを兼ね備えたシューズということで、今回紹介したいのが、HOKA ONE ONEの「CARBON X-SPE」

カーボンプレート+αでパフォーマンスをアップ!

HOKA  ONE ONEのCARBON S-SPE

ユニセックスのためサイズは23cmから用意

モデル名の通り、カーボンプレートを搭載したランニングシューズですが、そもそも「カーボン(プレート)」と言われても「?」かもしれませんので、簡単にご説明を。

スニーカーの靴底

シューズの底を見ると、カーボンファイバープレートを搭載しているのが視認できます。

カーボンプレートを採用しているブランドは、今では多数ありますが、概ねそのロジックは同じ。着地時の地面からの跳ね返りを、蹴り出しの推進力にかえるため、タイムが伸びる傾向にあります

「CARBON X-SPE」は前作の「CARBON X」と同様、ソールにカーボンファイバープレートを内蔵していますが、HOKA ONE ONEの場合は、ほかとは一味違うのがミソ。

カーボンファイバープレートが持つ推進力を最大限に活かすために、ブランドの特徴のひとつ、メタロッカーテクノロジーとの相乗効果が期待できるシューズなのです。

メタロッカーテクノロジーとは、ソール部分のつま先とかかとの滑らかな形状が、着地から蹴り出しまでをスムーズにし、車輪のようなローリング運動を促す独自の技術のこと。(上の動画を参照)

これによって、推進力がアップすることでありがちな姿勢の横ブレを抑えながら、自然な体重移動を実現し、快適な走りへと導いてくれるのです。

そうは言っても、実は初心者ランナーもターゲット

HOKA  ONE ONEのCARBON X-SPE

前作の「CARBON X」のように、今後の新色追加にも期待が高まります

こう説明すると、初心者向けではない、とそっぽを向かれそうですが、そこはHOKA ONE ONEの素晴らしいところ。

カーボンシューズにありがちな、つまり、アスリートや上級者ランナーに特化した幅狭のソール仕様ではなく、特にミッドソールの幅が広めに取られているため、前述したように、走行時の横ブレが抑えられます。そのため、初心者にも充分やさしい一足なのです。

カーボン(ファイバー)プレートを搭載しているにも関わらず、ランナーを限定しないその仕様。これぞ、ブランドのやさしさではないかと。少なくとも私は、そう感じることで、一気にファンになりました。

フィット感アップの秘密は「ベロ」でした

hoka one oneのカーボンX SPE

「CARBON X-SPE」に足を通してから、まだ30km足らずしか走ってないので、感触を確かめているところはありますが、10km程度を走った時にすぐ感じたのは、前作「CARBON X」とは違い、フィット感が向上しているように感じました。

そう感じたのは「ベロ」(正式名称:(シュー)タン)に秘密がありました。

前作では「タン」は独立する形で、特殊素材によってズレを防いだり、通気性など、ランナーにうれしい配慮がありました。今回の「CARBON X-SPE」では、さらにシューズ本体と一体化しシームレスな形状を実現し、フィット感をアップ。

1足のスニーカー

たったそれだけのことで? と思うかもしれませんが、鈍感な私の足でも試走して実感しました。

ちょっとしたストレスにも着眼し、軽減してくれるあたりは、ランナーの気持ちに寄り添ってくれるHOKA ONE ONEならではと言えると思います。

ファッション性も高く、夏の足元にもうってつけ!

スニーカーを履いて立つ人

普段の着こなしにも取り入れたくなるような、夏らしい爽やかな色合い。かかと部分のオレンジを挿し色にコーデを考えるのも楽しそうです。

スニーカーの細部

かかとに配色されたオレンジも挿し色として効果的

ちなみに私なら、ブラックのワントーンコーデ(もちろん半袖Tですよ)に、カラーリングを活かして足元を涼やかにしたりとか、短パンにサンダルだと、お父さんの日曜日感が否めないので、膝上丈の短パンにボリュームをもたせるために合わせたり、セットアップの外しにも使えそうだな、といろいろ思案中です。

HOKA ONE ONEから学んだやさしさ

日のあたるスニーカー

さまざまな技術を通して、ランナーに寄り添ってくれるHOKA ONE ONEは、私たちにランニングの楽しみのみならず、人に必要なやさしさをあらためて気づかせてくれる稀有なブランドだと思います。

仲間や友人と一緒に走ることもありますが、ランニングは基本的にスタンドプレーのスポーツ。だからこそ、ランナー同士だけではなく、走っていない人への配慮も必要なのです。

横向きに立つ人

そのときに大切なのは「やさしさ」。これに気づくだけでも、HOKA ONE ONEの「CARBON X-SPE」を履く価値はあるんじゃないかと。

そして今回、「CARBON X-SPE」を履いてみて、私はますますHOKA ONE ONEのファンになりました。

CARBON X-SPEHOKA ONE ONE

あわせて読みたい:


ハナサキヒロキ

ハナサキヒロキ

サッカー、ランニング、読書、お酒、買い物など、好きなことやりたいことが多すぎて、時に何もできなくなっちゃうことも。「人生、楽しんだ者勝ち」をモットーに、オンオフ関わらずおもしろそうなことを探しては日々を楽しんでます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking