sato

sato

まだまだ、なるべくはおうちで過ごそうと思っています。

でもおうちにいるとスマホをはじめ、仕事ではパソコン、時間があれば配信サービスで映画観賞……と、「画面」を見てばかり。

そこでギューっと寄った眉間のシワをのばすべく、気になっていた北欧風オーナメントを飾ってみました。

北欧のヒンメリのようなオーナメント

Kito

Kito Sサイズ3個セット 3,960円(税込)

乾燥した麦藁を糸でつないで作るフィンランド伝統の飾りヒンメリ

素朴でナチュラルな雰囲気で、日本でもインテリアに取り入れる方が増えています。

Kito

そんなヒンメリが醸し出す北欧の風をもう少し手軽に楽しめるのが、このKitoの木製オーナメント

届いたら自分で組み立てるのですが、その工程含め、木と向き合う時間に癒されてしまいます。

組み立てはかんたん

Kito

購入したのはSサイズのオーナメントが3つセットになったもの。

1つより複数飾ると雰囲気がグッとアップするので、セットになったものはおすすめです。

パーツは2つのみで、組み立てはとってもシンプル。

Kito

上下を間違えないように持ち、切れ込みを差し込み、溝を合わせるだけで完成。

説明書もついてくるので安心です。

Kito

3つとも組み立てたら付属の糸でそれぞれをつなぐのもいいですし、単独のオーナメントとして飾ることもできます。

さあ、どこにどう飾ろうか、お部屋を行ったり来たり……。

まずは窓際で楽しむのが正解

Kito

やはりこのオーナメントの魅力をいちばん楽しめるのは窓際

2つを縦につなげて、1つは単独で飾ると奥行きが出ていい雰囲気。

風が吹くたびにゆらゆらくるくる、見ているだけで外を感じることができます。

これからの暑くなる時期、涼しさも演出してくれそう。音はしませんが、日本の風鈴にも似ていますね。

Kito

3つをつなげるとこんな風。これも楽しげでいいです。

軽いから気軽に飾れる

Kito

まだ定位置を迷い中なのでひとまずマスキングテープで糸を貼っただけですが、とても軽いため今のところ剥がれる様子はなし。

Kito

予めコマンド™フックと粘着タブが2セット付属しているので、位置が定ったらそちらで付け直そうと思っています。

説明書には「単体であればマップピンなどで固定できますが複数個つなげる場合はねじ式フック等を付けて吊るすことをおすすめします」とあり。

たくさんつなげる場合は注意が必要かもしれません。

Kito

ひっかける場所があれば、S字フックを使って吊るすこともできます。

Kito

残念なところ:糸の使い過ぎ注意

どうつなげようか、それとも単独にしようか、長さはどうしようか。いろいろ試していたら付属の糸がほとんどなくなってしまいました……。

オーナメント1個につき糸も1個ついているので十分なはずなのですが、油断して使い過ぎたのがいけなかった模様。

優柔不断な方は、なんとなく構成を決めてからつなげるといいかもしれません。

画面を見過ぎたら見上げてみよう

Kito

今日も気がつけば画面とにらめっこ。

眉間にシワが寄ってきた!と思ったら、ソファにごろん。

目線の先にこのオーナメントがあるだけで、ボーッとするのが上手になった気がします。

Kito

木製だけあって、外の緑とのコラボもばっちり。

便利なアイテムだけではなく、心を豊かにしてくれるアイテムも新しく取り入れて、バランスよくおうち時間を楽しみたいですね。

Kito Sサイズ3個セット[楽天市場]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking