マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

37

無印良品の隠れた逸品のひとつ「スチール工具箱」。

スチール製なので非常に丈夫で、ルックスがシンプルなのもあって、生活感を出さずに家の中のこまごましたものをまとめて入れるのにピッタリ。

サイズも4種類の展開と多いので、用途に合わせて大きさを選べるのもうれしいアイテムです。

今回は、そんなスチール工具箱をうまく使う方法をご紹介します。

いかつい道具たちをガシガシ収納

スチール工具箱1にレザークラフトの道具を入れている

「スチール工具箱1」

名前が「工具ボックス」というくらいなので、まずはレザークラフト用の道具を入れてみました。

使用したのは「スチール工具箱1」ですが、絶妙に収まりがいいですね。

スチール工具箱1にレザークラフトの道具を入れているアップの写真

そしてこのようないかつい道具たちの収納も、スチール製なら安心。

とても頑丈なので、傷つくことを気にせずガシガシ入れられますよ。

スチール工具箱1スタッキングする様子

さらにこの工具箱、スタッキングができるという一面も。

最初から重ねることを想定してフタの表面に凹みが作られているため、1ミリもずれることなく重ねることができるんです。

こういうちょっとした気遣いが身に沁みますよね。

詳しくはコチラ↓

コード類の定位置にも◎

スチール工具箱2にガジェット入れている写真

スチール工具箱2

1番小さいサイズのスチール工具箱2には、充電器やコード類がピッタリ収まります。

コード類の定位置にしておけば、「あのコードどこやったっけ?」といった問題も解決できますね。

スチール工具箱2にウェットティッシュ入れている写真

ちなみに、何かと使う頻度の多いウェットティッシュもぴったり入ります。

ただし密閉性はないのでなるべく早めに使う必要はありますが、日常生活の中での出番が多いものは「スチール工具箱2」に収納しておくのがよさそうです。

詳しくはコチラ↓

裁縫セットや救急箱をスッキリまとめられる大容量タイプ

無印良品 スチール工具箱2つ並べた写真

左:スチール工具箱3 右:スチール工具箱4

サイズが大きく、取っ手付きなのが「スチール工具箱3スチール工具箱4」です。

無印良品スチール工具箱3を救急箱として使用
スチール工具箱3は救急箱として使用していて、湿布や薬、体温計などをまとめて収納。

スチール製の特性を活かし、フタ部分にはダイソーで購入した磁石付きクリップでガーゼを貼り付けています。

無印良品スチール工具箱3の蓋に磁石を付けて収納

中のものが増えても磁石をうまく使えばスッキリ収納できるので、救急箱のように数が多いものをまとめて収納するときに向いていますね。

無印良品スチール工具箱4を裁縫箱として使っている

また、スチール工具箱4は、奥行18センチとやや小さめなので、使用頻度が低めの裁縫箱に。

無印良品スチール工具箱4に糸を収納
スチール工具箱3より少し高さがあるため、糸やハサミを入れてもフタが閉まらないなんてことはありません。

無印良品スチール工具箱4にペンや糸切りバサミを収納

ペンや糸切りバサミは、無印良品の「EVAクリアケース・大」に入れています。

フタ部分にまとめて貼り付ければスッキリ。透明でなにが入っているか一目瞭然なので、作業しやすくなりますよ。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

“マクド”と言い続けたいコテコテの大阪人|服と食とお笑い(漫才)とライブとフェスと瀬戸内海の島がだいすきです。夢は島暮らし。イラストはハマダユウヤさんに描いていただきました。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking