SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

4

ひとりでサッと食事をするときは、なるべく洗い物を少なくしたい。

だけど、鍋やフライパンのまま食べるのは重いしちょっと罪悪感が……。そんな悩みを解決してくれるアイテムがあったんです。

そのまま持って食べられるフライパン

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型

UNIFLAME「山フライパン 17cm 深型」2,900円(税込)

ユニフレームの「山フライパン 17cm 深型」は、深さ6.5cmのアルミ製フライパン。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型の重さ

深型にも関わらず、登山用なのでわずか212g(商品情報では205g)と驚くほど軽量。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型でラーメンを調理するイメージ

1人前にピッタリのサイズで、夜食に作ったラーメンも軽いのでそのまま持って食べることができちゃいます。

洗い物がこれひとつで済むのはありがたいですし、家でもキャンプ感が味わえてなんだか楽しい気分。

深型は鍋としても使える

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型で調理するイメージ

アウトドア用のバーナーを使えば、さらにキャンプ気分に

山フライパンという名前の通り、フライパンとして使えるのはもちろんのこと、

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型でラーメンを調理するイメージ

深さがちゃんとあるので、鍋としても使いやすいサイズ

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型でラーメンを調理するイメージ

以前使っていたアウトドア用の鍋だと袋ラーメンが入らず、容量もギリギリ過ぎてストレスでしたが、これは直径の大きさも絶妙。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型でラーメンを調理するイメージ

具材を入れる余裕もあるので、一人前の鍋料理にもちょうどいいかも。

焦げつきにくく、お手入れがラク

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型で調理するイメージ

フッ素樹脂加工(テフロン加工)がされているので、焦げつきにくく、洗い物も楽チン。

アウトドアで使うときも、キッチンペーパーなどでサッと拭けばきれいになるので手軽で助かります。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型の内側

ただし、先の尖った調理器具を使うとフッ素樹脂加工が剥がれてしまうことがあるそう。

僕は家でもアウトドアでも、金属製でないものを使うようにしています。

軽量で携帯性も◎

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型の重さ

左:山フライパン/SOD-310 右:ジェットボイルFLASHのバーナーとクッカー部分のみ

フライパンとしても鍋としても使えるうえに、小型バーナーとあわせてもかなり軽量。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型の重さ

左:100gのOD缶 右:250gのOD缶

購入する前は「かさばるかも?」と少し不安でしたが、ガスカートリッジとバーナーを中にスタッキングできるので、まったく問題なしでした。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型の大きさ

袋ラーメンもすっぽり入るので、逆に便利なくらいです(笑)。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型を収納するイメージ

乾かすのにも便利なメッシュの収納袋が付属しているので、ガス缶やバーナーを重ねたあとはこれに入れればバッチリ。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型

剱岳(2019年8月)

特に登山では、かなり出番の多いアイテムのひとつになっています。

軽量で丈夫なアウトドア用品

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型

ハンドルが折り畳めるので、家での収納もコンパクト

登山やキャンプに最適化されたアイテムは、丈夫かつ軽量なものが多く、普段使いでも便利なものがたくさんあります。

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型で調理するイメージ

山フライパンも家とアウトドアで併用しながら4年ほど使っていますが、壊れそうな気配はなし。

壊れてもまた買おうと思っているぐらい、満足度の高い逸品なのでした。

山フライパン 17cm 深型[UNIFLAME]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking