ミニトマト
image via shutterstock

──ライフハッカー[日本版]より転載

とにかく家にいることが重要なこの時期、缶詰、冷凍食品、ドライフードに頼りがちの食生活になっていませんか?

買い物に出かける頻度を抑えるため、生鮮食品の割合が減ってしまうのは無理もありません。

でも、次に買い物に出る時は、ぜひミニトマトを選んでほしいと思うのです。

ミニトマトをおすすめする理由はたくさんあります。

なぜ今ミニトマトがおすすめなのか?

ミニトマト
image via shutterstock

まず、季節を選ばないこと。

年間を通して、ほぼトマトと同じ味を楽しめます。むしろ、大きいトマトより甘くてジューシーなうえ、パサパサなことはほぼありません。

さらに、常温で数週間保管しておけるのもポイント。少ししなびてきますが、むしろ味が凝縮されて美味しくなります。

ミニトマトは、あなたの食卓に新鮮さを運んできます。

ほかに何を食べようと、毎日一粒でもミニトマトを食べれば、豊富なビタミンCとリコピンを摂取できるのです。

幅広い用途で飽きないのが嬉しい

サラダ
image via shutterstock

用途が幅広いのも嬉しいところ。

生で食べるだけでなく、カッテージチーズに添える、英国の朝食風に焼く、煮込んでソースにする、一晩低温オーブンに放置するなど、さまざまな調理法で楽しめます。

先日は、にんにくやエシャロットと一緒にローストチキンの下に敷きつめました。別の日は、マッシュしたミニトマトを堅く焼いたパンに載せ、夜食にいただきました。

暇を持て余しているなら、1つひとつ湯剥きをして作るサラダが絶品ですよ。

コロナ疲れで気がめいっているなら、ピクルスと混ぜてブラッディマリーでもいかがでしょう。

こんなに用途が豊富なミニトマト、今こそ使わない手はないですよ。

野菜不足を補おう

ライフハッカー[日本版]

Ranking