小池田

小池田

12

手帳やペン、目薬やリップクリームなど、毎日持ち歩きたい細々としたものたち。

そんな細々したものたちを、カバンの中に入れて、外出した途端に、バラバラに。「あれ?入れたはずなのに、なかなか見つからない……」なんて、経験したことあるのでは?

バッグインバッグでカバンをすっきり

キングジムの「フラッティ」は、そんな願いを叶えてくれそうなバッグインバッグ。

カバンの中でも場所を取らずに、小物を収納することができるのだとか。

スリムで軽量なのに、しっかり自立

軽量設計でスリムな構造は、物を入れてもかさばらないのが◎。

バッグインバッグで逆にカバンが重くなってしまう、なんてこともなさそう。

また、芯材入りなのでカバンの中でもしっかり自立

ふにゃふにゃと折れてしまうことがないので、大事な書類など紙類を保護してくれるのは大事なポイントですね。

中身が見えるので忘れ物防止に

口にはマグネット製の留め具がついているので、中身が出てくる心配もナシ。

ワンタッチで開閉できるので、必要なときにさっと取り出せるのも助かりますね。

透明ポケットのおかげで、中身が一目でわかるのも使いやすそう。

何が入っているか把握できるので、忘れ物も防止できるかもなぁ。

新タイプも登場予定

6月12日(金)からは、リュックなどにも入れやすい「タテ型タイプ」や、従来のタイプよりもマチ幅が1.5倍になった布製の「フラッティワークス」も登場するそう。

カバンの大きさや、何を収納するかでサイズや型を選んで、カバンの中身をすっきり整頓しましょう!

フラッティ・ワークス[キングジム]

あわせて読みたい:


小池田

フリーランスの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking