ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

50

テレワークの合間に、ちょっとコーヒーブレイク。

インスタントコーヒーだとサッと用意できるけど、やっぱり自分で挽いてハンドドリップしたコーヒーは格別ですよね。

そこで今回は、5月にROOMIEで紹介した「コーヒーアイテム」の中から3つをピックアップ!

はじめてのハンドドリップには「HARIOのドリッパー」

HARIO 「V60透過ドリッパー02セラミックW」

こちらはHARIO(ハリオ)のV60ドリッパー

HARIOは日本のメーカーですが、世界中のカフェでも製品が使われているそうです。

同じシリーズでプラスチック製のものもありますが、せっかくなので有田焼きを使用したセラミックのシリーズに。

HARIO 「V60透過ドリッパー02セラミックW」

ドリッパーの他に、ペーパーフィルター・ケトル・サーバー・コーヒーカップ・コーヒー豆(中細挽き)をまずは用意。

コーヒー豆は近くのカフェなどで購入でき、好みを伝えるとセレクトしてもらえますよ。

かなりハードルが高いと思っていたコーヒーのハンドドリップ。いざ試してみたら、とっても手軽におうちカフェをはじめられました。

詳しくはコチラ↓

コンパクトで手ごろなエスプレッソメーカー

IMUSA® 「4-Cup Espresso/Cappuccino Maker in Black」

IMUSAの「エスプレッソ・カプチーノメーカー」の特徴は、なんといってもそのコンパクトさ。

エスプレッソメーカーの多くはマシン自体が大きく、キッチンスペースを占領してしまうイメージがあったのですが、コレは500mlペットボトルほどの幅しかなく、キッチンに置いても場所をとりません。

エスプレッソメーカーを使用する様子

「エスプレッソメーカー」と聞くと、なんだか操作が難しそうに聞こえますが、コレは使い方がとっても簡単

まず、フィルターバスケットにコーヒー粉末を押し込んでマシンにセット。そしたらあとは水を入れて電源ボタンを押すだけ!

ミルクフォームを作っているところ

ミルクフォームが必要な場合は、牛乳にスチームノズルを入れてボタンを押すだけです。

エスプレッソが抽出できれば、ミルクフォームの量でカフェラテ、カプチーノ、マキアートが作れます。

ミルクフォームの上にチョコレートソースやキャラメルソースをトッピングすると、バリエーションも広がり、より一層カフェ気分が味わえますよ。

詳しくはコチラ↓

オールインワンなコーヒーセット

WILLOW 「ポータブルコーヒーセット」

ひとつひとつ道具を揃えるのが面倒くさいなぁと思うなら、WILLOWの「ポータブルコーヒーセット」がオススメ。

コーヒーミルにマグカップ2つ、そして折りたたみ式ドリッパーがセットになっているんです。

WILLOW 「ポータブルコーヒーセット」

コーヒー豆とペーパーフィルター、豆を入れておくケースは別に用意する必要がありますが、ハンドドリップ初心者の方でもまずは始めやすいセットとなっています。

WILLOW 「ポータブルコーヒーセット」

外に持ち出してもスペースを節約できるので、ドライブやアウトドアでも活躍できそうです。

何といっても、挽いた直後のコーヒーの香りがたまりません!

身軽なコーヒーセットで、じっくりコーヒーを淹れる時間を楽しんでみてくださいね。

詳しくはコチラ↓

ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking