#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。


家での時間が増えると、それと比例して、食器の洗い物も増えていきますよね。

水切りカゴのキャパシティをこえて積み重なる食器は、水切れが悪くなってしまい衛生面が気になります

一時的に洗い物の水切りできるスペースが追加できたらとは思いますが、もうひとつカゴを買うのもはばかられる……。

キャンプやBBQで活躍するギアが家でも

ユニフレーム「UFディッシュラック」3,500円(税込)

こちらは、アウトドアイテムを展開するユニフレームの「UFディッシュラック」。

本来は、キャンプやBBQなどで一時的に食器をストックしておくためのアイテムなのですが、家ごもり中ではキッチンでも本領を発揮。

本体をスッと開くだけで、即席の水切りラックとして使うことができます。

使用時のサイズは、幅27cm×奥行き33cm×高さ20cmとコンパクト。シンクの空いているスペースに気兼ねなく設置可能です。

サビなどに強いステンレス製で、フレーム接合部分の部分の加工も丁寧なつくり。

プレートだけじゃないのよ

ラックのフレーム幅は約2cmで、アウトドア用の薄いプレートなら10枚以上をここにストックすることができます。

シェラカップやトングなどをサイド部分に引っ掛けておけるので、アウトドアをはじめとしたいろんなシーンに応じた収納が叶いますね。

平らなプレートだけでなく、グラスのような高さのある容器にも対応できる構造。グラスを使用する頻度も多くなる時期なので、ここはグッドポイント。

使わない時は、タテでもヨコでも

折りたたむとわずか2cmにまで薄くなります。このおかげで、食器棚のちょっとした隙間にストレスなくしまっておけるんです。

キッチンではサブの水切りカゴとしての役割を期待しているので、ここでかさばってしまうと本末転倒ですからね。

残念なところ:接地面が滑りやすい

使用時に気をつけたいのが、接地面がすこし滑りやすいこと

ステンレスのフレームには滑り止めなどはついていないので、濡れたシンク上では安定性に不安アリ。

下にゴムマットやトレーを敷いておけば、問題ないのですが、食器を任せる以上は注意して使いたいところです。

ストッカーとしても

キッチン周りの作業スペースを快適にしてくれる「UFディッシュラック」。

ストック用のラックとしても使えるので、スペースが限られる屋外でのBBQ時などには、食器をリザーブしておくのにも◎。

キッチンでのストレスを解消したあとは、屋外のアクティビティでも活躍してくれる逸品を、ぜひお試しあれ!

UFディッシュラック[ユニフレーム]

あわせて読みたい:


Ranking