sato

sato

2

ときおり爽やかな風も入ってきて、窓を開けて過ごすのが気持ちいい季節。

床でゴロゴロするだけで、なんだか幸せ〜。

そんなわが家のゴロゴロタイムを快適にしてくれる、韓国生まれのイブルをご紹介します。

実はお布団なんです

menina daikanyama「キルティングマット イブル」 を床に敷いている様子

menina daikanyama「キルティングマット イブル」 6,000円(税込)
※2020年5月時点、楽天市場での価格

こちらが2年程前から愛用中のイブル

イブルは韓国語で「布団」という意味。

オンドルと呼ばれる床暖房の上に敷くことが多いようですね。

menina daikanyama「キルティングマット イブル」

ポリエステルのワタが入ったコットン100%のキルティングマットで、布団としてはかなり薄い印象。

日本の生活様式ではわが家のようにラグとして床に敷いたり、ベッドやソファーのカバーとしての使い方がしっくりくる気がします。

赤ちゃんのプレイマットとしておすすめするショップも多く、わが家も子どもが生まれたタイミングで購入しました。

でも実はこれ、大人にも快適。

最初はキッズスペースに敷いていたのですが、今ではリビングに敷いてゴロゴロしています。

イブルが夏のラグにおすすめな理由

menina daikanyama「キルティングマット イブル」 を畳んでイスに乗せている様子

ママたちの間ではすでに人気のイブル

「ベビーグッズでしょ」とスルーしてしまうのはもったいない。

夏用ラグの選択肢にしたい特徴が盛りだくさんなんです。

menina daikanyama「キルティングマット イブル」 の上に座っている女声

まずはサラッとふかふかな肌触り。

キルティングの凹凸が素肌と付かず離れずの隙間を作ってくれて、汗をかく夏でもベタっとしません。

menina daikanyama「キルティングマット イブル」

インテリアに合わせやすい淡いカラーも人気。

fogやmushroom、usagiなど、カラーの名前だけでもそそられます。

2年前なので記憶が定かではないですが、わが家のイブルはlight beigeだった気がします

menina daikanyama「キルティングマット イブル」を洗濯機に入れる様子

そして手軽に洗濯機で洗えること。

小さな子どもがいると何かと汚れるので、これは本当に助かります。

しかも「洋服より早いのでは!?」というくらい乾きやすいんです。

残念なところ:下に何かしら敷く必要あり

menina daikanyama「キルティングマット イブル」の下に滑り止めを挟んでいる様子

そのままフローリングに敷くと滑ります。

カーペット用の滑り止めを挟むという手もあるかもしれませんが、ちょっと1枚では薄いのでわが家ではフェルトのアンダーラグを下に敷いています。

menina daikanyama「キルティングマット イブル」の上で遊んでいる子ども

ラグとして使うならこの方法がおすすめ。子どもが激しく転げ回っても安心です。

冬ならホットカーペットのカバーとして敷いても良さそうですね。

夏のおうち時間に洗えるイブルを1枚

コットン100%で手軽に洗えるラグってかなり貴重です。

いつもよりおうちで過ごす時間が増えそうな夏。

あまり床で寝転がることはないという人も、イブルを敷くだけでゴロゴロスペースができちゃいますよ〜。

menina daikanyama「キルティングマット イブル」

楽天のショップでは、わが家でも使っている約150×200cmが6,000円(税込)。

CLOUDと名付けられた雲モチーフの他にも、ステッチの模様もさまざま。

サイズや色も豊富なので、インテリアや用途に合わせて選んでみてくださいね。

キルティングマット イブル[menina daikanyama]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking