吹き抜けのリビング

ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

2
「Stay at Home NEIGHBORS.」

居酒屋でお酒を飲みながらグチをこぼしたり、用もないのにフラフラとショッピングモールを歩き回ったりするのが難しい、今。
だけど暮らしに制限があるこの自粛期間にだって、充実した時間を過ごせるかもしれない。

何かをガマンするのではなく、自分にとっていちばん身近な“暮らし”を整え、“家”と向き合うための時間にできたら。
ROOMIEでは部屋づくりの達人であるネイバーズ(=「みんなの部屋」出演者)に、家時間を充実させるための心得を聞きました。

静岡県・高橋さんの場合

静岡県の戸建

Photographed by tsubottlee

名前:高橋さん一家
場所:静岡県
面積:3LDK 延べ床面積 126㎡(1階67㎡ 2階59㎡)
築年数:約2年
住宅の形態:戸建

高橋さんのおうちの詳細はこちら↓

いま、自宅で一番長くいる場所はどこですか?

静岡県の戸建

Photographed by tsubottlee

やっぱりリビングです! 開放的な空間で心が落ち着くため、ここにいることが多いです。

写真提供:高橋さん

特に、リビングの中心にあるソファに座ってテレビを見ながら、家族と会話をする時間が心地よいです。

日中は仕事をしているので、夜の貴重な時間です。

自宅で仕事や作業をするために心がけていることはありますか?

静岡県の戸建

Photographed by tsubottlee

作業場所を変えること。

ダイニングテーブルやソファ、ワークスペース(1階・2階)など、作業内容や気分によって場所を変えるようにしています。
集中したい時は、ワークスペースが一番。

静岡県の一戸建て

写真提供:高橋さん

家ごもりのなかで役立った家具・アイテムを教えて下さい。

静岡県の一戸建て・ソファでくつろぐ男性

写真提供:高橋さん

ソファ横のサイドテーブルですかね。

ソファでゆったり作業するときにコーヒーやガジェットを置けるので、重宝しています。

静岡県の一戸建て・床用コンセント

写真提供:高橋さん

あとは地味ですが床用コンセント。

ダイニングテーブルでPCをするときは何気に助かっています。
素材もデザインも無垢材とマッチしていて◎。

家ごもり中、リラックスするためにやっていることや工夫があれば教えて下さい。

静岡県の一戸建て・吹き抜けの廊下

Photographed by tsubottlee

おうち全体をフルに楽しむことですかね。

わが家の1階は仕切りがなく、全体がリビングのようなもの。
吹き抜けも大きいので、1階にいても2階の家族と会話ができます

静岡県の一戸建てに住む家族

写真提供:高橋さん

子どもと遊ぶときは特定の場所にこだわらず、家中を一緒になってはしゃぎ回ります。

ゆっくりしたい時は、お気に入りのカップにコーヒーを入れて、カフェ気分を味わいながらゆったり過ごします。

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking